Tsutomu Kawamura
Jan 13 · 3 min read

リブライズで本を分類するには、いくつかの方法があります。

  • A. 物理的な本棚を分けて管理する → 本棚シール
  • B. 建物や部署が異なる本棚を管理する → ブックスポット自体を分ける

これらの場合、一つの本に紐づくのは必ずひとつの「A. 本棚シール」または「B. ブックスポット」に限定されます。リブライズでは、分かりやすさとメンテナンスのしやすさのため、AまたはBの方法を推奨しています。

物理的な場所に関係なく、キーワードを付けたい

一方で、本格的に本の管理を始めると、物理的な本の位置に関わらず、自由にキーワードをつけたい場合もあります。例えば「建築」「アメリカ」「ライト」といったキーワードを付けるケースです。あるいは、「2019年課題図書」といったものもありえるでしょう。そういった検索性向上を目的とするものの他、「科研費購入図書」のような管理上の必要がある場合もあるかもしれません。

  • 一般的な図書分類: 「NDC-0」「NDC-1」「建築」「自然科学」など
  • 場所特有の分類: 「2019年課題図書」など
  • 管理上必要な分類: 「科研費購入図書」「一時預かり」など

リブライズでは、上記のようなケースで使える「タグ機能」を提供しています。

※なお「タグ機能」は、 Pro版またはEnterprise版が対象になります。無料版をご利用の場合は、有償版導入をご検討ください。

タグを設定する

本にタグを設定するには、一覧画面から編集メニューを開きましょう。それぞれの本の表紙画像にカーソルを合わせると現れる歯車アイコンをクリックしてください。

次のような編集画面が現れます。それでは、「分類タグ」のところに好きなキーワードを書き入れましょう。ここでは、例として「サイン本」を追加しました。

なお、二つ目以降のキーワードを書き込むには「,」(半角カンマ)を入力してください。

「変更を保存」をクリックして、編集を終了します。以上で、タグの設定は完了です。

なお、タグが設定されると、書籍の詳細ページで、書名の下にタグが表示されるようになります。また、タグをキーにした検索も可能です。

Librize

リブライズは、バーコードリーダーとFacebookアカウントだけで、みんなが集まる場所にある本棚を図書館にできるサービスです。 https://librize.com/ 中の人: @chshii @cognitom

Tsutomu Kawamura

Written by

リブライズの工場担当。下北沢オープンソースCafeのマスター。本当はプログラマーらしいです。

Librize

Librize

リブライズは、バーコードリーダーとFacebookアカウントだけで、みんなが集まる場所にある本棚を図書館にできるサービスです。 https://librize.com/ 中の人: @chshii @cognitom

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade