TOTOマガジン・ライブラリー

図書館探訪 2019

Tsutomu Kawamura
Jan 21 · 10 min read

新国立美術館の近く

乃木坂駅を降りてすぐの青いビルが今回の目的地です。TOTOの文字が遠くからも見えます。六本木ミッドタウンからも数分の立地です。六本木の再開発以前からあるので、歴史的な順序としては「ギャラ間の近く」に新国立ができたというべきかもしれません。(実際、再開発以降、来訪者はだいぶ増えたと聞きます)

垂れ幕の展覧会は、残念ながら昨年末まで。いつもながら太っ腹な「入場無料」。近づくと、Bookshop TOTOの文字が看板が。
1階部分は、海外製品を扱うTOTOのグループ会社「セラトレーディング」のショールーム

Bookshop TOTO = ミュージアムショップ

普段なら上階の展示を見てからですが、今日は2階のBookshop TOTOに直行します。エレベーターを降りて左手に行くと、おしゃれな文具店という雰囲気のミュージアムショップが現れました。

ところ狭しと置かれる、書籍と雑誌。関連雑貨など。

マガジン・ライブラリーへ

書店を抜けて、奥のライブラリーに到着しました。出迎えてくださったのはこちら、TOTO文化推進部の加藤さんと吉本さん、Bookshop TOTOの勝野さんのお三方でした。

貴重なお時間、ありがとうございました m(_ _)m
入口から正面に進み、カウンターを右手に進むと「マガジン・ライブラリー」。 ※Bookshop TOTO サイトに掲載されたフロア図に加筆
ABITARE、ARCHITECTURAL DESIGN、ARCHITECTURAL RECORD、ARCHITECT、A.I.CREE、BLUE PRINT、CASABELLA、DOMUS、EL CROQUIS、INTERIOR DESIGN、AA PROJECT REVIEW、THE ARCHITECTURAL REVIEW、AXIS、a+u、a+u臨時増刊、ELLE DECO、CASA BRUTUS、建築雑誌、建築知識、建築文化、CONFORT、GA ARCHITECT、GA JAPAN、GA DOCUMENT、GA HOUSES、JA、住宅建築、商店建築、新建築、新建築 住宅特集、日経アーキテクチュア、美術手帖(BT)、モダンリビング、TOTO通信 ※2019年1月現在の所蔵誌
ライブラリー内の閲覧席。3席ほど。コピー・写真撮影は不可とのこと。

出版 + ギャラ間 + ライブラリー

加藤さん、吉本さんに、開設までの経緯を伺いました。もともとは1987年にTOTOの”人と水と建築”に関わる図書館「ライブラリー・アクア」として始まったのだそうです。その当時は、別の階で運営されていたものが、2001年からBookshop TOTO (2階)に併設される形になります。その時点で、書籍の多くは公共図書館などに寄贈し、「雑誌」に対象を絞った今の形になります。現在は、シンプルに「マガジン・ライブラリー」の呼称に落ち着いたようで、「洋書については雑誌以外もあるんですけどね」とのことでした。

当時の面影を残す「Library AQUA」の蔵書印

アナログだけど、本気のリファレンス

次に、勝野さんに見せていただいたのは、蔵書目録です。こ、これは一覧式帳簿? 予想を超えたものが出てきましたが、確かに雑誌のバックナンバー管理であれば、理にかなっています。使い込まれたこの帳簿に、また今月も一冊一冊記録されていくのでしょう。

秘蔵の蔵書目録。懐かしい電話帳みたい…。年月が偲ばれます。もし、今後データベース化するときは、ぜひリブライズを! 😎

無理しない範囲で続けていく

最後に、民間でありながら、これだけライブラリーが続いてきた秘訣を伺いました。その答えは、まさかの「特にない…?」というものでした…が、しいて言えばというところで、いくつか聞き出しました。ひとつには、TOTO通信(会社誌)も展示していて、「社内外向けの役割がはっきりしている」点。CSR活動の一環として行っていても何もかもはできません。「貸出はしない」という決定を含めて「無理しない範囲で」「ルールを決めて」と話されていた点が印象に残りました。

さりげなく飾られていたのは、トイレの折り紙かしら?

次の展覧会「RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー」は1月24日から

Librize

リブライズは、バーコードリーダーとFacebookアカウントだけで、みんなが集まる場所にある本棚を図書館にできるサービスです。 https://librize.com/ 中の人: @chshii @cognitom

Tsutomu Kawamura

Written by

リブライズの工場担当。下北沢オープンソースCafeのマスター。本当はプログラマーらしいです。

Librize

Librize

リブライズは、バーコードリーダーとFacebookアカウントだけで、みんなが集まる場所にある本棚を図書館にできるサービスです。 https://librize.com/ 中の人: @chshii @cognitom