One Book, One Community:一冊の本をコミュニティが一緒になって読むプログラム。


ファーストフライデーの昨日の夜。

この後、出かけたのは、ダウンタウン・ベンド図書館のイベント。

“A Novel Idea… Read Together”

ベンド市があるデシューツ郡図書館のプログラムで、一冊の本を、コミュニティの人々が一緒に読むというもの。全米で行われているプログラムだそうです。巨大なブッククラブのような感じでしょうか?

昨日は、2017年の本のタイトルがアナウンスされるイベントでした。

選ばれたのはこの本。

ダイバーシティを意識してのチョイスかしら?

なんて思ってしまう、白人社会に住む超マイノリティのアジア人の私。

来年の4月にキックオフされるこのプログラム。4週間にわたりこの本に関するトピックを探求するそうです。5月には著者もベンドを訪れて、レクチャーも企画されています。

昨日のダウンタウン・ベンド図書館の様子。

バーも。

寒いけど、歩いてきて体がポカポカしていたので、ドクロマークのサインの冷たいビールを。

アペタイザーもトレイで振舞われました。

ファンドレイジングのサイレント・オークションも。

One Book, One Community

ベンドのコミュニティの一体感と人々の読書に対する情熱を感じたイベントでした。

来年の春、ベンドにいたら参加してみようかしら。面白いかもしれません。