U-16プロコン釧路大会配信の裏側

毎年やっている U-16 プロコン釧路大会ですが、今回は新型コロナウイルス対策のため参加者、観戦者を会場に呼ぶことは断念。初めての YouTube Live 配信をすることになりました。

実際の配信はこちらで

僕がたまたま ATEM Mini (Pro ISO) を持っていたので、配信を担当することになり、今後のためにも今回の構成を記録しておこうと思います。みなさんの参考になるかどうかはわかりません😉

事前にあまり準備する時間を取れず、ぶっつけ本番でトライしたので、後から見るともう少しすっきりできたような気がしますが、まあ、こんな感じでも配信できますよ、ということで……。

今回の配信のお題は「実際の現場にゲームサーバーとクライアントそしてスタッフがいて、参加者は Discord で接続している」という「仮想的な会場」を YouTube Live に送信する、ということになります。

つまり、Discord の音声も配信に入れたいが、現場でもその音声を聞きたい、ただ普通にマイクを置いて現場のスピーカーから音を出してしまうとその音を拾ってしまうため、今回は音声の入出力に Anker PowerConf を採用しました。意外と音がクリアだったので、これはかなり成功だったのかなと思います。構成もシンプルになるのでオススメできます。(後述しますが、ソフトウェア的なアレコレはちょっと工夫が必要です)

構成を雑にざっくり図にするとこんな感じ

配信する必要のある音声ソースとしては、CHaser Server と会場マイクと Discord と Music.app と Farrago (効果音用)で、そのうち会場でも確認したいのが Discord と Farrago、配信にだけ BGM 用の Music.app を繋いで……のようにしたかったので、Loopback で複数の仮想音声デバイスを作って対応しました。(Discord の設定忘れてて通知音が配信に乗ってしまってたのは反省点……)

  • Discord 入力用の音声ソース (マイク + Farrago)
  • Discord と Farrago を会場に出力する設定
  • BGM と会場の音声を配信に回す設定

Loopback ではこの 3 つの設定を使いました。オフライン会場だとあまり必要のない工夫にはなりますが、この辺り柔軟にできる Loopback 用意していてよかった。(この辺りは日頃のオンラインミーティングで遊んでいるのが活きました☺️)

当日いろいろ試行錯誤したので結局配線めちゃくちゃに……

なんだかんだと、結局当日いろいろ対応することになってしまってはいますが、ひとまずはちゃんと配信できるように ATEM Mini でどうにかしたあと、ソフトウェアの方で柔軟に対応できるようにしておく、というのがいいのかなという感触を得ました。

ぶっつけでもどうにかできてしまう ATEM Mini さいこう……。

もし何か「ここをもっと詳しく説明せい!」とかあれば気軽にコメントいただければ〜〜。

--

--

東京の会社で働いていますが、北海道の釧路に住んでいます

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
Keisuke SATO

Keisuke SATO

207 Followers

From Kushiro, Hokkaido. Founder of Katteba LLC. Technical advisor at OTOBANK Inc.