画像データの収集方法

フリー画像素材の活用方法

紹介動画

【マイクラ大学】画像データの収集方法【紹介動画】

講義目的

進展する第4次産業革命(情報革命)において必須のスキルである情報発信力の基礎となる「画像データの収集方法」を解説することによって、画像を活用できる情報発信者の育成に寄与することが本講義の目的です。

仕事でプレゼンテーションを行う機会が多く、画像によって視聴者にインパクトを与えたいと考える方にオススメです。

また、動画コンテンツを活用するためには、画像コンテンツを自在に扱えるスキルが前提となるため、ブログ等の文字を中心とした情報発信手段に加えて、動画を活用して情報発信を行いたい方にもオススメです。

価格:3,000円(税込)

PayPal決済(*クレジットカード決済)のみの対応です。

*対応カード:Master Card、VISA、American Express、JCB

受講申込

受講申込フォーム
①受講申込フォームに、お名前(氏名)、PayPalに登録しているメールアドレスを記入して申し込んでください。
②PayPal決済ページに遷移するので、オンライン決済(*1)してください。
③PayPalに登録してあるメールアドレス宛に、受講案内メール(*2)が届きます。メールの記載に従って、特別講義を受講して下さい。

(*1)メンドクサイので、銀行振込には対応しておりません。
(*2)通常、1営業日以内に受講案内メールが届きます。

1営業日を経過しても受講案内メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認のうえお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    使用許諾契約 / コミュニティ利用規約 / 特定商取引法に基づく表示

講師

山崎 奨(Sho Yamazaki)

情報戦略家。東京大学法学部卒業・横浜国立大学法曹実務専攻修了・法務博士。原始仏教徒・無神論者。

西村 章子(Shoko Nishimura)

天神山クリニック院長。鹿児島大学医学部卒業・医学博士。

講義内容(動画43分01秒)

画像コンテンツの基礎および著作権法の学習を通じて、法的な不安を取り除いたうえでオンラインリソースを活用することが可能となります。そして、コンテンツリッチなメディアを、楽に作成するコツを学べます。

コンテンツの3要素

・①音声(Sound)の特徴
・②画像(Image)の特徴
・③文字(Text)の特徴

画像の目的

・コントロール
・①データ→②網膜→③フィルター→④認知・設定・統制
・フィルターの突破方法
・アイキャッチ
YouTuberのサムネイル分析
・アート(感情)とデザイン(思考)

推奨画像キャプチャーソフト(Bandicam
Bandicam
画像ファイル形式と用途

・jpg
・png
・gif

画像サイズ標準化

・標準化(Standardization)とは?
・動画収録用スライドへの転用方法
・16:9(1280×720)
・スマートフォン対応は?

著作権法概説

著作物が自由に使える場合
パブリックドメイン
DMCA
フェアユース
・Embed(埋め込み)の適法性
裁判例(ロケットニュース24事件)
・ゲーム実況の適法性

Google画像検索の方法

①言語→②ツール→③ライセンス

推奨フリー画像素材配布サイト

PEXELS
かわいいフリー素材集「いらすとや」
アイコン素材「ICOOON MONO」
フリー絵画・版画素材集「GATAG」

オンラインリソースの活用方法

Embedly
YouTube
SlideShare
・Facebook
・Instagram
・Twitter

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.