anovaで秋刀魚のコンフィ

anovaで秋刀魚のコンフィ。なんかパスタとかと和えようかとも思ったけど、朝食に白ご飯で食べても大変おいしかった。

前回はこちら

我が家では今のところanovaは「肉を低温調理」するのに使っておらず、どちらかというと安定して温度を調整できることと、ジップロックを使うので油の量を大分節約できることからコンフィ作りに使っている。今のところ。

秋刀魚の頭と内臓を取って、塩を気持ち強めにかけておいて、しばらくペーパータオルの上とかに放置。このときは2時間くらいかな。ジップロックにニンニクみじん切りとローズマリー、それにオリーブオイルとサラダオイル、そして秋刀魚をいれておく。油を2種類使っているのはオリーブオイルを節約しているだけです。

ちなみに上記写真の後ろに鶏もも肉のコンフィもあるが、こちらは子供らに食われてしまったために写真がないのでここでは紹介を割愛。

anovaで80℃で1時間半。もう少し早めにあげてもいいのかもしれない。anovaはとにかく温度管理が楽なのでこの手の料理にはうれしい。いつか鴨肉のコンフィを作りたい。

次回はこちら

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.