ご縁を感じる香り

— あなたの好感度を上げる おすすめ香水 — 世界でただ一つあなただけの香りを オリジナル香水まとい

こんにちは、

今日も一昨日、昨日と続きのお話を

せっかく九段下に来たので、、、

ということで、お昼休みに東京大神宮へ。

このまま、神社巡りブログみたいになってしまいそう・・・笑

さすが縁結びにご利益のある神社というだけあって、女性がとても多かったです。

境内の水の音と蝉の声、拝殿の木の香りが合わさって、
 ジリジリとする夏の暑さの下でも、とても清々しい気持ちになりました。

境内では、伊勢神宮ののぼりも目に入ってきます。

今年も伊勢神宮にお参りできますようにと、決意を新たにした1日でした。
 (ちなみに、おみくじは大吉でした! 恋みくじは小吉。笑)

家に帰りがてら、気になっていた加子母檜(かしもひのき)のことを検索すると、
 加子母は祖父母の住んでいる岐阜の地名ではありませんか・・・

そしてそこで採られる「東濃ひのき」は伊勢神宮の式年遷宮でも使用されているとのこと。
 なんだか自分の不思議なアンテナに驚きました。

いつか訪れて、加子母檜の香りを嗅いでみたいと思います。

思い出しましたが、式年遷宮では新しい木の香りによっても、
 人々の感覚に伝統を引き継いでいますね。

感覚に訴える香り・・・果たす役割はとても大きいと思います。

ありがとうございました

コメント


今日は昨日の続きです。

昨日お邪魔したスポットの一角に、精油が売られていました。

その中に、「香十徳」という気品を感じるブランドの精油もありました。

香十徳とは、室町時代より伝わるお香の良さを表現している漢詩です。

(以下、wikipediaより引用)
 香十徳
 香道に関する十の徳。
 北宋の詩人の黄庭堅が香に関する訓や効用を記したもので、日本へは一休禅師が紹介した。香りは量ではなく、質が重要としている。

1. 感格鬼神 感は鬼神に格(いた)る — 感覚が鬼や神のように研ぎ澄まされる
 2. 清淨心身 心身を清浄にす — 心身を清く浄化する
 3. 能除汚穢 よく汚穢(おわい)を除く — 穢(けが)れをとりのぞく
 4. 能覺睡眠 よく睡眠を覚ます — 眠気を覚ます
 5. 静中成友 静中に友と成る — 孤独感を拭う
 6. 塵裏偸閑 塵裏に閑(ひま)をぬすむ — 忙しいときも和ませる
 7. 多而不厭 多くして厭(いと)わず — 多くあっても邪魔にならない
 8. 寡而為足 少なくて足れりと為す — 少なくても十分香りを放つ
 9. 久蔵不朽 久しく蔵(たくわ)えて朽ちず — 長い間保存しても朽ちない
 10. 常用無障 常に用いて障(さわり)無し — 常用しても無害

(以上 https://ja.wikipedia.org/wiki/香道#.E9.A6.99.E5.8D.81.E5.BE.B3より

香十徳のいわれや解釈については諸説あるようですが、うんうんと頷けるものばかりですね。
 何百年も前から香が人々の暮らしに密接していて、とても愛されていたことが伺えます。

「香十徳」さんの精油は柑橘系の香りのラインナップが多かったのですが、
 私は中でも「加子母檜(かしもひのき)」の精油がとても香り高く気になりました。

明日に続く・・・

ありがとうございました

コメント


こんにちは、

今日は朝から打ち合わせで新橋に。

久しぶりの朝の新橋でちょっと新鮮です。

同い年の女性との打合せでしたが、とてもワクワクしました。

当社のやっているアロマ、プリュテック、脳力ごはんの
 繋がりを説明しなくても理解してしまった鋭い感性の持ち主です。笑

形として実現するにはまだステップがたくさんありますが、
 一つ一つクリアしていきたいと思います。

その後、アロマの提案に必要な論文を探しに九段下へ

実践してきた知識と研究結果とが繋がってきて、新たな発見がたくさんでした!
 (どちらが卵か鶏か、な感じもありそうですが)

論文を読んでいても、嗅覚の研究は
 脳のメカニズムもまだまだ未解明の領域がある上に、
 嗅覚以外の感覚的・身体的要素も結果に影響を与えやすく、
 なかなか検証が難しい分野だなと思います。

データの裏付けは、選択する上での補強材料の一つにはなりますが、
 結局は実感、実証があってこそ。

私も地道ですがどんどん体験や経験をして、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント


こんにちは

今日はかつて大変御世話になった方とお会いしました。
 時間が経っても、立場が変わっても、またお会いできることがとても嬉しいです。

久しぶりでしたが、赤坂はやっぱり空気感が好きな場所です。
 せっかくなので、近くの山王日枝神社に参拝してきました。

愛媛の祖母の家を思い出すくらい蝉の声がわんわんしている中、
 1年前にたまに訪れていた時のことを思い出しました。

その時とは状況が違うけど、当時と同じように、
 少しぼーっとして、あれこれ振り返られる貴重な時間を与えてもらいました。

おみくじを引くのが好きなので、今日も引いてきました。

結果は吉でしたが、その一節から

目に見ゆる 物よりも尚 目に見えぬ ものの力の 恐ろしきかな

香りも、人の心も考えも目に見えないですね。
 だからこそ自由だし、人を惹きつける魅力があるのかなと思います。

考えや想いをを一つ一つ形にしていくことを大事にしたいと思った1日でした。

不安定な天気がまだまだ続きそうですので、皆様お気をつけてお過ごしください。

ありがとうございました。

コメント


Originally published at matoi.sekizen.co.jp on August 5, 2016.