8/28

声がでなくなるという事件

色んなひとを歌で感動させる仕事をしてるひとが、その色んな人達に感動させられるという幻みたいな空気感だった。

あんなに大勢の前で、すごく可哀想で痛みが伝わってきた。米津玄師も椎木くんもクリープハイプも、最近の若い人たちは、痛みを言葉にして歌にのせて届けるひとが多い。昔は愛だの恋だのだけの歌が売れてたけどいまは、もうなんかみんな世の中メンへラなんじゃないかっておもうような曲が売れてる気がする。

熱狂できるかとかじゃなくて、心に届くかってことか。だから最近の音楽がどんどんすきになる。

結局心は晴れなかったけど、ちゃんと辛いところに目を向けて向き合っていこうと、そうすることにした。

いつか成功するためにとかじゃなくて、いつでも死にたくならないために、ちゃんと悲しみにも痛みにも向き合って、どんだけ泣いてもいいから、悲しくなくなるまで向き合ってみようとおもう。

米津玄師 / Loser

Show your support

Clapping shows how much you appreciated MEI KONISHI’s story.