2018年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

image

今年最初のJapan Timesです。
 元旦の朝、届く新聞をこれほど待ちわびたことはありませんでした(笑)

大晦日にもこの紙面を作ってくれたスタッフ。そして手元に届くまでにお世話になった方々に、心から感謝しています。ありがとうございます&お疲れ様です。

自宅に新聞が届けられていること。そして、新聞をゆっくり読むことのできる時間。気がつくと新聞は贅沢品になっていることは間違いありません。

さて、今年は、個人として大きな節目の年となります。
 3月には、いよいよ50歳になります!50代は、いろんなしがらみから解かれて、本当に自由になれるということを諸先輩からお聞きしています。本当に楽しみです!!
 9月は、このブログの開設15周年。
 そして、10月には、起業から25週年を迎えます。

また、6月には息子が10年通ったスイスの学校を卒業予定です。その後は英国の大学に進学する予定ですが、ファミリーにとって、大きな転換期となります。

昨年、新しくNews2uグループの仲間になったジャパンタイムズはもちろん、次世代教育環境開発(NEED)と弥勒の里国際文化学院日本語学校 を通じて、新しく教育の分野にも、引き続きチャレンジしていきます。
 50代からのスタートにふさわしい挑戦の年になりそうです。

同時に、人生の後半をより丁寧に過ごしていくために、これからの20年をしっかり見据えて、自分らしさはもちろん、次世代への橋渡しをどのようにしていくかということについても、しっかり考えていきたいと思います。

これまでの人生で経験してきたことを糧に、そして様々なご縁に感謝しながら、このご縁を未来につなげていきます。
 2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.