EO勉強会〜オリックス宮内氏をお迎えして

image

オリックスのシニア・チェアマンの宮内さんをお迎えしてのEOの勉強会に参加しました。

経済とは、社会を構成する要素の中の経済活動を担うもの。社会があっての企業であることが基本であるというお話。そしてポスト工業化という日本社会の課題や永続する企業の条件など、ご自身のご経験から大変貴重なお話をおきかせいただきました。

講演のあとは久しぶりに質疑応答のモデレータをさせていただき、さらに横の席で食事をご一緒させていただきました。宮内さんの横に座らせていただくなんて、緊張です(汗)

米国式の企業統治を推進してきた方ではありますが、現状をみて、行き過ぎたコンプライアンスに対する危機感をお持ちでした。特に99%性善説で運営されていた会社に対して1%の問題を許さない社会というのはどういうものかとおっしゃっていたのは印象に残っています。

人生100年時代を迎える日本で、今からスタートするならどんな事業をしますか?という質問には「エンターテイメント」とお答えになっていましたよ。

経営者は勉強しなくてはいけない。自分の得意分野の事業だからミクロに行きがちだが、トップは、半分の力をマクロの視点に費やす必要があると繰り返しおっしゃっていました。

久しぶりの経営者の仲間たちとの勉強会。ほんとうに貴重な学びの時間でした。

“明日

“明日”を追う (私の履歴書)

posted with amazlet at 16.10.31

宮内 義彦 
日本経済新聞出版社 
売り上げランキング: 86,183

Amazon.co.jpで詳細を見る

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Minako Kambara Suematsu’s story.