勉強会レポート Android Live Coding Session

こんにちは。ミクシィでみてねというアプリを開発している七尾です。
先日、モブプロで1からアプリを作ってみる、という実験的なイベントを開催したので、当日の様子などを紹介しようと思います。

参加者の雰囲気

当日コードを書いていたのは自分で、隣に黒川さんに座ってもらって、ナビゲータ役をお願いしました。
その他の参加者の方々のレベルは様々で、まだ勉強を始めたばかりの方からすでに何年もAndroidアプリ開発をしている方までいらっしゃいました。

実際の流れ

リモート参加の方はyoutubeを見ながら、会場にいるみなさんも含め、gitterでチャットしながら進めました。

ある程度connpass上で段取りなどは記載していたので、すぐにプロジェクトを作るところから始めました。

connpassで準備しておいた段取り

プロジェクト作成自体は簡単なステップですが、最近の増えてそうなオプションが見つかったり、自動で生成されるファイルの中身などを確認しながら、開発に着手していきます。

事前に自分と黒川さんはアプリの名前や大体の作りについて軽く打合せていたので、作業自体はスムーズに進める事ができました。(後半で、RecyclerViewのAdapterやViewHolderが空で書けなくて詰まったりしましたが。。)

プロジェクト作成から始めたこともあり、あまり実装方針について議論の余地があるところは無かったのですが、普段使うショートカット、よく使うライブラリ、kotlinのスタイルなどを参加者全員で共有できて楽しかったです。

当日の様子はyoutubeやgitterで残っています。

また、3/26に2回目の日程も決まっていますので、興味ある方は是非参加してみてください。

次回はPermissionsDispatcherを使うところから始めて、うまく行けば端末内のメディアをFirebase のCloud Storageにアップロードするところまで実装する予定です。

手を動かす人も交代して、黒川さんにメインで実装してもらう予定です。