Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンが届きました

ファーストインプレッション

梱包が素晴らしい

Beatsは2014年にAppleに買収されたという経緯がありますが、梱包もAppleクオリティで最高でした。

すっきりとして見た目もキレイで開封もしやすいパッケージ

W1チップ搭載なのでApple製品とスムーズな連携

W1チップ搭載のおかげで、初めのペアリングや、その後のiOS・macOS・tvOSデバイスとの切り替えなど、とてもスムーズです。

Bluetoothの設定画面でノイズキャンセリングの設定を切り替え可能(本体のスイッチでも可)

装着感

スッキリとした筐体・フカフカの耳当て・260gとまあまあ軽量で、とても良い装着感です。

音質

音質は細かいところは分からないですが、個人的には気持ちよく聴けています。ノイズキャンセリングも自然です。「ピュアアダプティブノイズキャンセリング」といって、適宜自動調整しているようです。

使い勝手

付属のケースもすっきりとした作りでカバンに放り込んだり、付属のカラビナで吊るしたりで、持ち歩きしやすそうです。

気になった点

今のところ特に目立った不満は無いですが、いくつか気になった点を挙げます。

ノイキャン性能は控え目

ノイキャン性能は控え目で、外の音は抑えられつつもまあまあ聴こえます。その分、ホワイトノイズぽいのはほとんど感じられず再生音も自然で良いです。これは認識しつつ買ったのでマイナスには感じていません。

ヘッドフォンを外しても一時停止されない

AirPodsと違って、付け外しによる再生の自動切り替えは無かったです。ただ、以下のようなボタン配置になっていて、左側中央の大きなボタンを1回押すだけなのでこれは無くても別に良いかなと思えました。

  • 左側中央: 再生(ダブルクリックで曲送り・長押しでSiri)
  • 左側上下: 音量調整

AirPodsの電源はケース出し入れと連動しているが、これはスイッチ操作が必要

同じくW1チップ搭載ということでどうしてもAirPodsと比べてしまいますが、電源の切り替えにスイッチ操作(1秒くらい長押し)が必要なことも気になりました。欲を言えば、ヘッドフォンを充電スタンドに置くと充電と接続機器との切断がなされるような仕組みあると最高です( ´・‿・`)無線充電の流れ来てますし、将来のモデルではこういう感じになりそうな予感がしています👀

--

--

ガジェット系の記事を書いていきます。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store