ツールド妻有に参加してきましたよ。

8月28日に開催のツールド妻有に参加して参りました。

1000人の参加者が同じジャージを着て走る越後妻有大地の芸術祭の一作品というサイクルイベント。

今回は開催10周年という事で本来なら3年に1度のオリジナルジャージの配布がありました。

しかも今回のはネイビー基調でカッコイイ。

ツールド妻有の醍醐味とも言えるのがコース各所にあるエイドステーション。

地元のボランティアの方々が振る舞ってくれる食事が本当に最高なのです。

醤油をかけずに食べてみてと勧められた豆腐は大豆の甘みを感じられる素晴らしいお味。

名物のパエリア。

なんと20升のお米で作っているそうな。

良い味でした。

計3杯も頂いた冷汁。

お昼。

蕎麦も絶品でした。

始終お腹いっぱいな状態で素晴らしい景色を眺めながら厳しい山岳コースを苦悶の表情で走るドMなサイクルイベントでした。

私がエントリーしたのは120kmコース。

7時スタートして3時半頃のゴール。

完走後にガーミンで確認したところ、走行距離121.6kmの獲得標高2355mでした。

怪我も無く完走できたので良かったです。

スタート前にサイクルガジェットの中山氏を発見し一緒に写真を撮って頂きました。

毎日チェックしており色々参考にさせて頂いているブログなので感動もひとしお。

ZONDAもサイクルガジェットのインプレを見ての購入なのでした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.