法人向け: Firefox 延長サポート版のリリース

Firefox では 6~8 週間毎にメジャーバージョンアップする通常版の他に、セキュリティと安定性の修正だけを約 1 年間継続する法人向けの 延長サポート版 (ESR: Extended Support Release) を提供しています。

米国時間 3 月 7 日の通常版 Firefox 52 のリリース に合せて延長サポート版 Firefox 52 ESR もリリースされる予定ですが、前バージョンにあたる Firefox 45 ESR のサポートは 6 月 13 日の Firefox 54 リリース時点で終了予定です。ESR 版をご利用の方はサポート終了までに Firefox 52 ESR への更新をお薦めいたします。

Firefox 45 ESR から Firefox 52 ESR の更新には次のような変更が含まれます:

その他の変更点については Firefox 46~ 52 のリリースノートをご覧ください。なお、Windows XP および Windows Vista のサポートは今後 ESR のみとなるため、通常版 Firefoxユーザーは ESR 52 へと移行されます。

また、通常版の Firefox 52 と Firefox 52 ESR との間には以下の違いがあります:

  • 通常版では拡張機能は Mozilla のアドオンサイトでレビューを受け署名が付与されたものだけが利用可能です。ESR では xpinstall.signatures.required 設定を false に変更することで署名の無いアドオンのインストールも可能です
  • 通常版では Service Worker、プッシュ通知、WebAssembly が有効化されていますが、今後も仕様と実装の変更可能性があるこれらの最先端ウェブ技術は長期間同一実装を継続する ESR 52 では有効化していません
  • 通常版では Flash を除く すべての Netscape Plugin API (NPAPI) を使用したプラグインを安全性と機能の向上のため無効化していますが、イントラネットなど改修に時間がかかるシステム向けでの利用の多い ESR では従来通り Flash 以外のプラグインも利用可能です (これは今回のみの経過措置で、来年リリース予定の ESR 59 では動作しなくなる可能性が高いのでご注意ください)

法人における Firefox のご利用に際して一括導入や集中管理、カスタマイズに際して有償でのサポートサービスを必要とされる場合、Mozilla Japan もしくはサポートパートナーによる各種サービスをご利用いただけます。詳しくは法人向けサポートサービスページをご覧ください。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated dynamis’s story.