作曲日記 35日目

Tidalのシンセにalphabetの一文字ずつの発音があったので、PPAPを言わせてみた。

いろいろ音を入れすぎて、一部の音の存在感がなくなってしまったように思う。

漫画MONSTERのワンシーンで、「入れた素材の味が感じ取れなくなってしまっていたら、それは美味しくないということだ」みたいなことを言ってたのを思い出した。