有名マンガのコマをネットで利用できるサービス マンガルー

マンガルーというサービスがリリースされた。

これは、有名マンガのコマをWebサイトなどで著作権問題なく利用できるサービス。

ブログの書き手は、マンガのコマを用いた表現ができる。また引用したコマからはマンガの購入ページへ飛ぶことができる。そのため出版社としては、ブログ内に無料でマンガの広告を出しているようなものである。

いいな、と思っていたのだが、利用規約を見ていると、気になる一文があった。

3 登録ユーザーは、埋め込みコンテンツに関連して作成されたコンテンツについて、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。

「埋め込みコンテンツに関連して」の定義が曖昧なので、コマを利用したWebページについてマンガルーさんにどう扱われるのかが心配になった。