Image Augumentationは楽しそう

DeepLearningを行う際に、データが少ないことがある。

その際に、既存のデータを加工、複製することで、データ量を増加させることができる。これをImage Augumentation(増強)という。

画像データを回転させたり、拡大してクロップしたり、少しずらしたりすることが多いようだ。

データ量が少ないことを、アイデアで解決しているのがとてもよいなと思った。