Pythonの高速化にはNumba(jitコンパイラライブラリ)が良いらしい

ある会社さんが企画している、Kaggle勉強会に参加してきた。参加者は未経験の方が多かった。

1人でTitanicをゼロからやってみたが、3時間程度で、0.77ぐらいの精度まで行けた。以前と比べたら少しはスキルが身についたな、という印象。

そこで伺った話で興味深かったのが、”Numba”というライブラリ。

ググった先を眺めた程度だが、Pythonのコードをあまり変更することなく、高速化させることが可能なようだ。便利過ぎでは?これまで使ってる人の話を聞いたことはないが、なんでだろう。

instacartをやる際に、コードの実行に丸一日かかったりしていたが、これを用いれば、時間削減できるのかもしれない。これを紹介してくれた方は、Cで書いている、とのことだった。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.