Mediumを「聴く」っていうコンセプトが超絶面白い
エソラコトナリ
101

Mediumにおける音声コンテンツの可能性!スマホ時代は、コンテンツを耳で消費するようになる

エソラコトナリさんがおもしろいことを書かれていました。

それは、「みんな忙しいから、情報を追いきれない、だったら耳で聞いてもらいましょうよ」というアイデア。

Mediumが音声コンテンツを強力にサポートして、ストーリーの音声化を促進。
ポッドキャスト風に空いた耳でどんどんストーリーを聴いちゃおうってアイディアです。

これいいですよね。スマホがあれば、ポッドキャストなり、SoundCloudなりで音声コンテンツを聞けますからね。

僕もiPhoneを手に入れてから、芸人さんのポッドキャストにハマっちゃってます。今は、音楽よりも音声コンテンツを聴く時間の方が長くなりましたね。(特に山ちゃん、おぎやはぎのJUNK、トータルテンボスがオススメ)

しかも、音声コンテンツって配信者に愛着がわき、その人へのエンゲージメントが高くなるんですよね。

深夜ラジオを考えるとわかりますが、リスナーってめちゃくちゃ熱量高いじゃないですか。なので、音声コンテンツってユーザーとの関係性を深める上でもありだと思うんですよね。

また、最近だと、マネタイズの道も見えてきましたから、メディア運営者としては注目しておいたほうが良さそうです。

広告で特定のアプリのダウンロードを促したところ、バナーのクリック率は期間平均で2.4%、アプリのダウンロード数は広告出稿前の23倍に達したという。

参照:ラジオにアドネットワークを TOKYO FMが着手

なので、僕もこのMediumで音声コンテンツを出してみることにしました。

これは、 イケダハヤトさんと一緒にやったラジオです。ぜひ聴いてみてください。また、Respondで感想もいただけると、嬉しいです。

ということで、皆さんも音声コンテンツに注目してみてください。

以上、Must Read about Mediaの編集長プロブロガーのタクスズキ @TwinTKchan

がお送りしました。

タクスズキの情報はこちらから

フェイスブック:https://www.facebook.com/takuro.suzuki.18

ツイッター: https://twitter.com/TwinTKchan

Show your support

Clapping shows how much you appreciated プロブロガーのタクスズキ @TwinTKchan’s story.