ニート基金につきまして

ニートコインの新体制の発表の中でありました「ニート基金」について、内容が公開されました。
新体制については前記事をご参照ください。

以下がニート基金について公開された内容になります。

English https://neetcoin.jp/openai/20180402_neetfund_en.pdf 
한국 https://neetcoin.jp/openai/20180402_neetfund_kr.pdf

ニート基金ではニート支援の基盤となることを目指します。
そのために「衣食住」の支援、また支援団体への後援活動を行い、最終的にはニート基金自体も法人あるいはNPO団体となることを目指していきます。

支援団体への後援活動で行うのはロックアップと寄付を組み合わせた「ソシアルノード」という仕組みになります。

NEETCOIN運営が管理する「ロックアップウォレット」へ入れ、永久的にロックアップし、市場へ流入することを抑制します。

ニートコインはPoS通貨ですので、ステークが発生します。このステーク分が支援団体への寄付となる形です。

また、ニートコイン創設時からの目的である、「仮想通貨でベーシックインカムの実現」についても言及がありました。

この実現のために、先に書いた法人化とニートコインの価値向上を目指していきます。
社会承認行動(寄付活動)の継続や新規取引所上場(特に日本国内)の達成、ニートコイン決済可能店舗の拡大といった目標を掲げて活動してまいります。

ニート基金の現在の進捗としては、児童養護・母子支援障害者支援等の福祉施設や、生活困窮者などに食品の提供を行っているセカンド・ハーベストジャパン様との提携を目指し、2018年4月に寄付を行う予定となっております。

ニート基金マイルストーン(資料より抜粋)

【マイルストーン】
2018年中 一般社団・財団法人もしくはNPO法人設立
2019年中 ノウハウを学び、食の支援事業参入
2020年中 ブロックチェーン技術利用おそらく初となる、総理大臣認可公益社団・財団法人
もしくは認定NPOを目指す。
また、36団体へSNによる支援団体への寄付を達成。