SymbolとIoT:安全に世界中でクレジットカードが利用されるために

This is a Japanese translated article of "Symbol and IoT: securing global credit card usage"

Symbolがビジネスに提供できる可能性は、企業がブロックチェーン技術を負担なく、かつ円滑に取り入れることで、日々の業務プロセスを洗練されたものにできるということです。

Symbolの持つたくさんの機能は、製造、建設、金融、データ管理、ヘルスケア、物流など、幅広い業種に対応しています。のみならずさらにSymbolは、商品の生産と販売におけるプロセスのすべての部分に対応できますので、販売店における大幅なセキュリティの強化に役立つでしょう。

一方、技術的に重要な最先端のIoT (Internet of Things) との調和においてSymbolは、クレジットカードのスキミング問題に直接的に対処できます。Symbolを使ったIoTソリューションは、世界中のガソリンスタンドやATMのカードスキミング問題を解決します。

具体的にどのようにSymbolとIoTソリューションが連携して、金融機関や小売業者、一般消費者に影響を与える犯罪を終わらせるのか、いかにしてSymbolの持つ広範な機能セットが、他のIoTソリューションと機能して、ビジネスにおける困難な課題を解決するのかを説明します。

スキミング犯罪は増加の一途をたどり、1件あたり最大100万$の詐欺行為が行われています。U.S.シークレットサービスによると、スキミング被害は年間10億$以上に達しているとのことです。

クレジットカードスキミングとは?

クレジットカードスキミングは、ガソリンスタンドやATM、自動販売機などに仕掛けられたスキミング機器により、カードの時期ストライプに保存されている情報を抜き取り、その抜き取った情報を利用して悪用します。

近年カードスキミング被害は増大し続け、U.S.シークレットサービスによると年間10億$以上の被害が出ているとされています。

NBCによると、U.S.シークレットサービスは2018年に週に約2~30台のスキミング機器をガソリンスタンドから回収しており、スキミング詐欺師はおよそ80枚のクレジットカード情報を持っていると言われています。

フロリダ州農業・消費者サービス省の検査官は、さらに深刻さを伝えます。2016年に219件のスキミング機器を発見し、2017年には約655件、2018年には1,000件以上発見しました。これは、米国において著しい速さでスキミング詐欺が増加していることを示しています。

1回のスキミングで、最大100万$相当の詐欺行為が行われると推定されています。日常的に2,900万人のアメリカ人がガソリンスタンドでの支払いにクレジットカードを使用しているため、クレジットカードのスキミングは莫大な被害を及ぼす犯罪であり、強固で革新的な解決方が必要とされています。

上記のデータは米国における問題の広がりを示していますが、クレジットカードのスキミングは世界的な問題です。世界中がキャッシュレス社会に向けて動き出す中、この手の犯罪と、それに伴う損失の深刻さは増すばかりです。

いかにしてSymbolとIoTサービス提供事業者がこの問題を解決するのか?

SymbolとIoT機器を組み合わせて、ガソリン給油機の安全性と認証、監査を行います。

この過程では、各ガソリン給油機のキャビネット内にドアセンサーとスマートロックを備えた低コストのIoT機器をします。この機器は、いつ、どこでガソリン給油機が開かれたか、改ざんされたか否かに関する必要な情報をすべて記録します。また、RFID(無線周波数識別)タグを使用し、給油機を開けた人を認証することもできます。

Symbolの持つ多くの機能セットは、ガソリンスタンド特有の必要とされる認証要件を完全に満たす機能が組み込まれており、この場合はモザイク、ネームスペース、複合トランザクションスマートコントラクトを使用します。

具体的には、毎日の業務にモザイクの所有権を介して検証されるRFIDタグをスキャンする給油機担当者を置きます。このモザイクは民間企業や政府機関によって発行される譲渡不可能なトークンとすることができ、各トークンは、認証トークンの発行者を一意的かつ明確に識別できるネームスペースの下に格納することができます。

検証プロセスには使い捨てスマートコントラクトを使用することもできます。この場合、給油機の開閉操作をしたものが許可された係員であることを確認することに使用できます。

係員とガソリンスタンドの所有者(管理運営者)が署名をすることにより、IoT機器により一連の作業がチェーン上に記録されます。

認証過程はブロックチェーン上に直接記録されるため、作業の中断や認証過程の完了に失敗すると、機器は「無効」として経過を記録します。機器はガソリンスタンドの所有者(管理運営者)に通知し、問題の給油機についてさらなる調査を行うことになります。一方で顧客は、簡単にアクセスできるアプリを介して特定の給油機で不審な作業がされていないかといった信頼性の確認をすることができます。

さらに顧客は、モバイル端末でRFIDタグを読み取り、給油機の履歴を確認して、そのメンテナンスログに基づいて使用の可否を判断できます。

すべてのガソリンスタンドと給油機に関する主な履歴情報は公開され、検証可能な状態でSymbolブロックチェーン上に不変な形で保存されます。同時に、ガソリンスタンド運営者の個人情報や給油機の点検スケジュールなど、よりプライベートな情報はプライベートチェーン上に安全に保存でき、悪意ある者がアクセスできないようすることができます。

クレジットカードの完全確保

このようにSymbolは、ガソリン給油機などの無人POSにおける日常的なクレジットカード取引の安全性確保に使用することができます。IoT機器との組み合わせで、企業が堅牢、低コストなセキュリティソリューションを組み込むことを可能にします。

モザイク、ネームスペース、スマートコントラクト、API接続を組み合わせることで、監視が容易で効率的な検証の仕組みを作成することができ、ガソリン給油機のメンテナンスや使用に関わるすべての人に高レベルのセキュリティを保証できます。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store