Welcome to OTON GLASS community !!!

OTON GLASSに関わりたい方を大募集しています!

  • 使いたい!(ユーザーの方)
  • 作りたい!(エンジニア、デザイナー、リサーチャーの方)
  • 広めたい!(ライター、インフルエンサーの方)
  • コラボレーションしたい!(企業、NPO、研究機関、VCの方)

などなど 様々な形で関わってくださる方をお待ちしております。ご興味のある方はこちらのフォームよりご登録ください。

https://keisukeshimakage.typeform.com/to/SDcRhK


English bellow

OTON GLASS

読む能力を拡張するウェアラブルデバイス
Wearable device for people who have difficulty reading


OTON GLASSとは

文字が読むことが困難なディスレクシア方たちは、読むのに非常に時間がかかったり読み間違えたりすることがあります。OTON GLASSは文字を音声に変換することで、この問題を解決します。OTON GLASSは二つのカメラを保持しています。内側のカメラはユーザーの視線を取得し、外側のカメラはユーザーが読みたい文字を撮影します。ユーザーはイヤホンを通じて、文字が音声化されたものを聞きます。


First prototype 2013

開発の動機は島影(プロジェクトの代表)の父の失読症です。2012年に彼の父が脳梗塞を発症し、言語野に障害が残りました。歩いたり、会話したりすることは何も問題は無いのですが、文字を読む能力だけが低下してしまいました。父の病気をきっかけに、読みをサポートするデバイスを開発することに決めました。現在、父はリハビリテーションを通じて回復し、ほとんどの文字を理解することができるようになりました。しかし開発を進めていくなかで、先天的に文字が読みづらいディスレクシアの方や、眼鏡をかけても視力が上がらない弱視の方と出会い、現在はその方たちにOTON GLASSを届けるべく、活動を続けています。

当時、まず最初に父を対象に、インタビューと行動観察を実施しました。問題を明確化した上で、アイディアスケッチとビデオプロトタイピングを行いました。その後、Maker Faire Tokyo 2013に参加しました。その際に当時東京工業大学修士2年だった宮元と山岸に出会いました。アイディアスケッチとビデオプロトタイプを元に彼らにプレゼンテーションをし、共感してくれた彼らはプロジェクトに参加してくれることになりました。

四人のメンバーでプロジェクトをスタートしました。デザインを専攻している島影と志水、エンジニアリングを専攻している宮元と山岸の四人です。このメンバーで最初のプロトタイプを制作しました。このプロトタイプの目的は、島影の父に我々が考えているソリューションを「体験」を通じて提案することでした。そのため二つの限定的な機能のみを搭載しました。一つ目は瞬きで撮影するトリガー、二つ目は文字を撮影し音声に変換する機能です(しかし撮影から音声化まで15[s]かかっていました。)。実際に父に体験してもらい、方向性を確認した上で、次のプロトタイプを開発することに決めました。


Second prototype 2014

父以外の文字を読むことが困難な方たちに、ユーザーテストをしてもらうために、二代目のプロトタイプを開発しました。機能に関しては視線入力機能が追加され、撮影から音声化までかかる時間は3[s]まで早くなりました。造形面に関しては3Dプリンターで外装を出力し、自然な造形を実現しました。

5人のディスレクシアの方にプロトタイプを体験してもらいました。「読み間違えることがあるため、音でダブルチェックするという用途で使いたい。」「早く文字を読まなければいけないときに使いたい。」という声がありました。限定された対象や環境下でしか機能しないプロトタイプですが、体験を通じて「もしこれが自分の日常生活で使うことができたら…」という想像力を刺激し、そこで得たフィードバックを次に開発するプロトタイプに反映していきます。

このプロトタイプはユーザーはもちろんのこと、社会実装に必要不可欠な組織や人とコラボレーションするためのツールとして機能しました。まずドコモベンチャーズが運営しているインキュベーションプログラムに参加し、投資家やメンターから指導を受け、引き続き支援していただいています。次に慶応医学部の精神科と眼科の研究者から失読症や弱視に関する医学的なアドバイスを受けています。また自身もディスレクシアで当事者である南雲明彦さん、ディスレクシアを支援するNPO EDGE、NPO NaDの方から開発におけるアドバイスをもらっています。最後に、大阪府立大学・慶応大学・九州大学・東北大学が参加する文字認識技術の研究グループ(2010年CREST採択チーム)とコラボレーションを行なっています。


Now

2016年現在、このプロジェクトは組織体制を再編し、より多くの人たちを広義の「作り手 / Maker」として巻き込み活動しています。メンバーそれぞれが本業を持ちながら、自分の技術や経験をOTON GLASSに生かす形でプロジェクトに参加しています。現時点で約20名の方々が参加し、その中で小さなチームを形成し、プロトタイプの開発はもちろんのこと、コミュニティを広げていくチームや、技術やユーザーを調査するチームなどに分かれ、それぞれが自立的に活動しています。ぜひ一緒にOTON GLASSを作りましょう!ご興味のある方はこちらのフォームからご連絡いただけると幸いです。
https://keisukeshimakage.typeform.com/to/SDcRhK


People

様々な技術や経験を持った人が、このプロジェクトに参加しています。ディスレクシアの方を支援したい人、自分の技術をOTON GLASSに応用したい人、OTON GLASSによって教育を変えたい人、ユーザーと並走するものづくりを実践したい人、とにかくものづくりが好きな人…など様々な人が参加しています。

  • 島影 圭佑(代表)
  • 川合 俊輔(デザイナー
  • 秋山 福生(エンジニア)
  • 長峯 洸弥(エンジニア)
  • 栗元 啓光(エンジニア)
  • 齋藤 貴広(エンジニア)
  • 大坪 由貴(エンジニア
  • 神田川 雙陽(エンジニア)
  • Tuan Nguyen(エンジニア)
  • 佐藤 怜(エンジニア)
  • OE Hi Loki(エンジニア)
  • Quentin Quarles(エンジニア)
  • 山口 恒樹(デザイナー
  • 川島 直己(デザイナー)
  • 菅原 利晃(デザイナー)
  • Aled Wassell(エンジニア
  • 後藤 隆太郎(エンジニア)
  • 竹腰 美夏(エンジニア)
  • 山崎 真湖人(リサーチャー)
  • 渡邉 航光(コーディネーター)
  • 佐藤 理恵(コーディネーター)

2015年までは宮元直也さんと山岸昂介さんがエンジニアとして、志水新さんがプロダクトデザイナーとしてプロトタイプ開発に協力してくださり、Matthew Drewさんが翻訳家としてご協力してくださいました。


Collaborator








Contact

Email: otonglasses[at]gmail.com

Twitter, Facebook, NewsLetter



In English

What is OTON GLASS

Dyslexic people have problems in this area. For example, they are very slow when reading and sometimes misread words (this varies from person to person). OTON GLASS changes words to sound via a built-in device that detects a blink as a trigger, thereby solving these problems (dyslexic people have no problems in understanding sounds). OTON GLASS has two cameras. The eye camera tracks the user’s eye movement, while the scene camera captures a picture of the words that user wants to read. The user listens to the sound via an earphone.


First prototype 2013

The motivation for this device was that Shimakage’s (head of this project) father acquired dyslexia. Three years ago, his father was hospitalized due to a stroke, and he became dyslexic. Now, thanks to rehabilitation, he has recovered. He can read and write most words, but it is difficult for him to read small characters, such as those in the newspaper. That is why Shimakage decided to invent this device for his father.

First, I interviewed my father and observed his behavior. This allowed me to identify the problems. During the ideation phase, I did idea sketching and video prototyping. After that, I participated in the Maker Faire Tokyo 2013, where I exhibited my work work. At that time, I met Miyamoto and Yamagishi, who were students at the Tokyo Institute of Technology. I gave them a presentation using the idea sketching and video prototyping. They agreed to join us on the project. This kind of case was rare 5 years ago. This is because exhibitions were usually specialized to designers and engineers in Japan, so designers and engineers weren’t able to meet. But the Maker Faire gathers a diversity of people that want to make something.

We formed a team. There were four members. Miyamoto and Yamagishi are engineers. Shimakage and Shimizu are designers. We developed the first prototype [Figure 1]. The purpose of the first prototype was to confirm our concept with Shimakage’s father. So this prototype had only two functions. One function was detection of a blink as the trigger. The other was capturing a picture of the words and translate them into sounds. But this process took 15 seconds. We created this prototype using raspberry pi and cheap glasses.

When Shimakage’s father tried this prototype, we were able to get him to understand our ideas, and got his approval. After that, we confirmed this concept was correct and decided to develop the next prototype.


Second prototype 2014

We developed the second prototype [Figure 2]. The purpose of the second prototype is to perform user tests with other dyslexic people. This prototype had added eye track functions, and the feedback speed was shortened to 3 seconds. We modeled the data of the exterior design using CAD and printed it with a 3D printer. The camera and other electronic parts were bought from Aribaba. We made this prototype at the cost of approximately $260 [5].

5 dyslexic people tried this prototype, allowing us to receive some feedback. Some examples of that feedback are that the users “want to use to double check when reading”, “want to use when I have to read quickly”, and that the “blink trigger was difficult to use”. With these user tests, we were able to discover some of the scenes where the prototype would be used, and determined our next tasks.

We are collaborating with diverse organizations/people. First, we participated in the incubation program run by NTT Docomo Ventures, and we communicated with a diverse group of people, such as mentors and investors, who we are now supported by. We established our company at this time. Second, we received advice from researchers at the School of Medicine at Keio University about dyslexia and amblyopia. Third, we received advice about the device from Nagumo Akihiko, who is dyslexic, NPO EDGE and NPO NaD. And lastly, we collaborated with the optical character recognition research group (selected CREST fund at 2010), whose participants include Osaka University, Keio University, Kyushu University, and Tohoku University. Each group/person was able to experience the prototype as a user with expertise from their individual fields, which allowed us to focus on the user experience. So the prototype became our shared language.

Written by Keisuke Shimakage


About us

We run parallel with the user and to practice the prototyping.

Keisuke Shimakage is head of this project and Design Researcher.

Matthew Drew supports us regarding translating English.


Partner

  • NTT Docomo ventures:Advice from a viewpoint of startups.
  • Akihiko Nagumo:Advice from a viewpoint of dyslexia.
  • NPO EDGE:Dyslexic people tried this prototype, allowing us to receive some feedback.
  • NPO NaD:Dyslexic people participated in Social design conference 2015 and rethought about OTON GLASS together.
  • Character recognition technology research group (Acecepted to CREST Project in 2010):We apply their optical character recognition technology to OTON GLASS.
  • Sachiko Anamizu (M.D, Lecturer, Psychiatrist International University of Health and Welfare Department of Speech and Hearing Science) & Masaru Mimura (M.D., Ph.D. Keio University School of Medicine, Department of Neuropsychiatry) :Advice from a view point of medical.






Media

Newspaper

  • “Giving dyslexic people an opportunity to read and write” Gifu Shimbun 2014
  • “Support for dyslexic people” Gifu Shimbun 2015

Web



Contact

Email: otonglasses[at]gmail.com

Twitter, Facebook, NewsLetter