知らないものに触れてみる。

何事も経験だということで、最近は色々興味があることには触れてみることにしてみている。知らないものに触れてみる。分からなくてもいいから見てみる。
その中でも今回のは衝撃が大きかった。

後悔はしてないしいい体験だったとは思う。これは確信。楽しかったし面白かった。ショッキングだった。でもその一方でやっぱり向いてないんだなとも思った。

きっとそういう要素を持って生まれなかった。というか成長の過程でそのステータスには値を振らなかったんだろう。

何でもそうだと思うけど、本気で向き合ってる人はどこにでもいて、何となくそういう人に申し訳ない気がした。

そんな余計なことを考えてるから何も変わらないんだなとも思った。

でもそこで輝いてる人はきっと世の中でも輝いてるんだろうなと感じた。

最後にある人に言われた言葉はとても力強かった。申し訳なかったなほんと。

そんなこんなで、何事もなかったかのように今日も夜が明けた。

ただそれだけのお話。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.