声で情報を伝える楽しさとコミュニケーションの大切さ

あづみ野エフエムでラジオ収録をしてきました。「中柴香苗の水色の時間」の金曜日の番組「安曇野BEST SHOT」のゲストです。ラジオ収録は人生で2度目。

ちょっとした縁が縁を呼び、ゲスト出演できるようになってね。僕の肩書き「空気感フォトグラファー」として存分にお話しさせてもらいました。

放送日は11月4日(金)11:00〜です。当日の19:00に再放送されます。

さて、トークのプロである中柴さんにサポートされながらラジオ収録をした感想は「声って面白い」ということ。

同じ言葉でも抑揚のつけ方で印象ががらりと変わります。言われてみればなるほどって思うけど、実際に体験してみると納得度合いが違います。いい経験になりました。

それからね、ラジオで情報を伝えるノウハウもあります。例えば、

・「1対1で会話」しているようにする
・ラジオのような聞き流し系媒体で相手に伝えるには「話す速度が大切」
・制限時間内に伝えなきゃ!と慌てるあまり早口になっては逆効果、「落ち着こう」

など。ブログのように文字だけで情報を伝えるのとはまた別次元のテクニックがあるんですね。

自分ではゆっくり話しているようでも速かったりしますから最初は難しい。

でもね、パーソナリティがいれば、その人と会話するテイでいればOKだし、仮に自分一人で話すときでも特定の誰かに向かって会話するテイでOK。

究極はそれだけなんです。

ただし、独りよがりではNGですよ。 相手の反応を見て会話を広げていく、深めていく。これが大切。コミュニケーションの基本ね。

収録を通してすごく腑に落ちたのがコミュニケーションの力。

モノゴトを伝えるにはコミュニケーションが大切です。伝えるだけじゃないね、その人らしさを引き出すのもそうです。今回、中柴さんのサポートのおかげでスムーズに話せましたし、言いたいことの引き出しを開けてくれた、やさしく。

これは僕がポートレイトを撮る時も全く同じ。僕も基本はコミュニケーションを通して被写体といっしょに画を作り上げています。

ラジオは2度目ですが、自分の分野に置き換えると、「コミュニケーションってホント大切だよな〜」と腑に落ちたわけです。

写真は2013年の夏、安曇野のどっかの神社です(笑)RICOH GXR A12–50mmユニットで撮影しました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.