新兵器FUJINON XF56mm F1.2Rを買いました!

僕の主力レンズはXF35mmF1.4です。X-T1とともに2年くらい使い続けています。

モノを撮るのも人を撮るのもこの組み合わせが「楽」に撮れるし、「楽しく」撮れる。もちろん、XF55–200mmも使いますが、この組み合わせが好き。

そんな僕ですが、この度、人を撮ることを生業としていくことに決めましたので、ポートレイトの幅を広げるためにも「エイヤ!」って勇気を出して買ったわけです。

僕は長いこと50mmで撮ってきたので、50mmという標準画角が好きだし、画角感として身についています。

だから、写真を撮るときにはだいたい50mmで世界を見ますし(見えるのです)、被写体との距離感をつかみます。

そうすると、新兵器XF56mmの換算85mmのレンズを使うと、たしかに「狭!近!」と感じるんだけど、50mmと比較して「あ〜、だいたいこんなもんね」ということがすぐ分かる。

これは50mmで撮りつづけてきたからわかることなのですが、XF56mmを使い始めてすぐにこの感覚になれた僕自身、びっくりしちゃいました(笑)

これは「コツコツやっていると誰でもそうなれるよ〜」ってことを伝えているだけですよ。

とはいえ、練習はまだまだ必要ですね。XF35mmのようにさっとは撮れません。距離感に慣れていないから。

それにしてもね、85mmの画角感もすごく楽しいよ!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Takashi Q. Hanamura’s story.