電車の窓からお花見を

そういえば今年は「お花見」に行けなかった。特にお誘いもなく(人徳ないからね(笑))、唯一誘われた花見も、雨のせいで中止になった。まあ、そんな事もあり、今年は「花見」はもう行けないなと思っていたのだが、意外の所で花見ができた。それは電車の車窓だ。

諸般の事情により、都会から山の中に電車で移動する機会があった、そんな時にボーと電車の外を見ていたら、意外に桜の花が見られることに気がついた。

普段はそれほど、田舎の方に電車でいかないので気がつかなかったのだが、線路の側にはかなりの桜の花が植えられている。車窓を眺めていると、様々な桜に出会える。1本だけ咲いているもの、もうすぐ全部散ってしまうもの、たくさんの桜の木…ただ、電車にのっているだけで様々な桜を見ることができた。

別に知り合いと酒飲んで騒ぐのが目的でなければ、小旅行がてら列車の車窓からの花見も悪くないと思った。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.