PPNF 特集

アレルギー体質の人々はなぜ口腔の健康に関心を持つべきなのか

マージョリー・ハート・ジョーンズ(登録看護師)

2007 恒志会会報 Vol.2 より

マイニー博士と話をし、博士の著書を読むうちに、わたしはトム・ストーン(内科医、イリノイ州ローリング・メドウ在住)からよく聞かされていたことを思い出した。

決められた食生活を厳密に守っているのに回復がはかばかしくない、体調がいいとはとても言えない、と患者が愚痴をこぼすと、ストーン医師は次のように答えたものでした。「口のなかの治療をしないかぎり(この部分は、患者の症例に応じて、“詰物に使われているアマルガムを取り除かないかぎり”、“根管を除去しないかぎり”、“虫歯を抜かないかぎり”などと変化する)、症状の改善は望めませんよ」

わたしもひょっとすると治療を先送りにしていたかもしれないが、6年ほど前、運命の女神の導きというか、歯が膿を持ち、痛みが止まらなくなった。抜歯が “正しく” なされないと、歯茎を再切開して歯槽を掻爬する必要が出てくる、という怖い話をあれこれ聞いていたので、ストーン医師に電話して指示を仰いだ。

ストーン医師は、彼と同じ哲学を持ち、今後の歯槽の感染を防ぐための技術を持っている歯科医を何人か知っていたので、その1人のところへわたしが行けるよう手配してくれた。 次に、根管充填を施した歯があるかどうか質問した。あった。1本だけ。膿を持った歯のすぐ隣に。「それだ!」医師は言った。「その歯を抜いてもらって、同時に、歯槽を清潔にしてもらいなさい」

これ以上歯を傷つけることなど想像もできなかったので、わたしはその指示を渋々歯科医に伝えた。こうして、膿を持った歯と、根管充填の施された歯の両方が、正しいやり方で抜かれた。ここでひとつ告白すると、辛すぎる体験になるのを避けるために、笑気ガスを少し吸わされた - ぜんぜん辛くなかった。眠りはしなかったが、しばらく感覚が麻輝して、そのあとに大きな安堵感があったことだけを覚えている。

抜歯後、わたしの健康は目に見えてよくなったか? イエス。だが、 — 夜にして魔法の効果があったわけではない。健康を改善するために、さまざまなことを続けた。以前との違いはたぶん、わたしの反応が違ってきたことだろう。

抜歯前の何週間かは、倦怠感につきまとわれていて元気が出なかったし、抜歯が済んでから何週間かのあいだも、その状態が続いた。今になってわかったことだが、数種の異なるウィルスがわたしの健康を蝕んでいたのだった。ウィルスが抑えこまれたおかげて、本当に久しぶりに健康な日々が送れるようになった。

プライス博士は細菌感染を記録しておられるが、マイニー博士のお話によると、現代の研究者たちは、ウィルスとウィルス感染についてもたぶん同じことが言えると考えているそうだ。わたしの場合もそうだったのかもしれない。ただし、当時は、膿を持った歯にウィルスが関係しているなどとは夢にも思わなかった。

みんなが健康な口腔に関心を持つならば — 本来そうあるべきだ — わたしたちのようなアレルギー体質の人間はさらに用心する必要がある。残念ながら、一部の人々は古い根管を除去しないかぎり、ぜったいに “より健康” にはなれないのだ。

山本やよい訳


WHY SHOULD PEOPLE WITH ALLERGIES BE CONCERNED ABOUT ORAL HEALTH?

By Marjorie Hurt Jones, RN

Talking with Dr. Meinig and reading his book remind of something
I used to hear Tom Stone, MD, in Rollng Meadow, Illinois, say.

When patients would complain that although they had followed their diet
strictly, they weren’t much better — and still far from well, Dr. Stone would
say, "Maybe this is as well as you’re going to get until you get your mouth 
taken care of.”(Or your amalgams out, or your root canal removed, or your
bad tooth pulled, as the case might be.)

I would probably still be putting it off, but Nature gave me a nudge about
six years ago when l had an abscessed tooth, with pain that wouldn’t quit. I phoned Dr. Stone for instructions, having heard horror stories that if an
extraction wasn’t “done right” the gum had to be reopened and the socket
scraped.

He made sure I was going to one of the few dentists he knew that shared 
his philosophy and knew the proper technique to avoid future sockct infections. Then he asked if I had any root-filled teeth. I did. One, only one
space away from the abscessed tooth. “Fine!” said he. “Get that removed
and the socket cleaned out at the same time.”

Since I couldn’t imagine hurting any more, I numbly relayed those instructions to the dentist. So both the abscessed tooth and root-filled tooth
were duly extracted. I confess I accepted a few whiffs of “laughing gas” 
to make sure it wasn’t too negative an experience — and it wasn’t. While
I didn’t go to sleep, I remember only numbness for a while, followed by a
great sense of relief.

Did my health get noticeably better after those extractions? Yes, but it
wasn’t overnight magic. I went on doing lots of different things to try to
improve my health. Perhaps the difference was that now I was able to respond in a different way.

I had been feeling run down and lacking in energy for some weeks before
the extractions, and continued to for some weeks after. It turns out that several different viruses had ganged up on me. Once they were under control I did achieve a higher level of health than I’d enjoyed in quite some time.

Although Dr. Price documented bacterial infections, Dr. Meinig says researchers now think the same is probably true of viruses and viral infections. This may have been what happened to me, though at the time it never occurred to me that the viruses and abscessed tooth might in any way be related.

If a healthy mouth should concern everyone — and it should — we allergies need to be even more vigilant. Unfortunately, some may simply not get “well-er” until they get old root canals removed.


NPO 恒志会
学び合う医療 支えあう医療 ほんまもんの医療
http://koushikai-jp.org
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.