オランダで出産・育児の事 #1

オランダで初めての子供が生まれたので、結婚編に続き、出産について書いていくシリーズ。

まだ赤ちゃんは生まれたばかりでこれから色々新しい仕組みとか登場してくるはずなので、このシリーズはとりあえず新生児までで一旦完結の予定?

一般的にオランダは出産に対するサポートは手厚いと言われています。以前、在蘭英国人の友人が転職に当たって地元(ロンドン)のジョブオファーとアムステルダムのオファーを天秤にかけて、子供が小さいからアムスのオファーをとったって言ってたので、イギリスと比べてもそうなのではないかと推測されます。

オランダでの子育ては

Verloskundege(助産院)に登録→出産する病院を決める(病院出産の場合)→病院で出産→Kraamzorg(新生児支援)の在宅サポート→Consultatiebureu(地域の育児サポート組織)の支援 →Kinderopvang(乳幼児デイケア、3ヶ月から4歳まで)

という流れになるそうです(あくまでうちのケース)

Verloskundeは日本の助産院と一緒だと思いますし、

私は日本での経験がないのでどれくらい違うのかはわかりませんが、日本で出産した知り合いの話をもとに日本との比較もできればと考えています。

続きはこちら

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.