ナイフシースを作ってもらいました

Jin Mishuku
Apr 23, 2016 · 3 min read

復活させたサバイバルナイフケース

20数年振りに復活させたサバイバルナイフがあるんですが、ご覧の通りナイフケース(シースと呼ぶそうです)がボロボロ。

革がもうボロボロ

こんなんじゃナイフを固定するのが難しいので、新しく作ろうとネットで調べていたのですが、思いのほか技術と経験が必要そうで、発注することにしました。今回お願いしたのがこちら。

ナイフショップ knifeweb more
http://www.knife-web.co.jp/

メールをすると早速、設計書送ってください。とのこと。こんな感じで紙に書いたのとナイフを一緒に発送。

で、出来上がったのがこれ。送ってから1週間くらいで届きました。いやー、プロの仕事は早いです。

写真で紹介

設計書にないタスキ掛の指示は別で出しました。
横はこんな感じに何枚もの革が当てがってあります。
砥石入れも忠実に再現していただきました。入れる砥石がないけど。
裏面はこんな感じ。ベルトの装着が簡単にできます。
一番嬉しかったのがこの部分。取り外しが可能なんです。
すぐ取り外せるようになります。狩猟のときによさそうです。
ナイフは垂直になるので身体に密着する感じになります。固定されているときより安全な気がします。
比べると新しくなったことは一目瞭然です。

と、明るいところで写真の加工をしたせいで、色温度が少しおかしい感じになりましたが、ナイフシースは理想通りだったので、とても満足しています。

早くこれ持って狩猟行きたいなぁ。

OK, Hunt’s-up!

散弾銃とハンティングエアーライフル持って野山を駆け巡る

Jin Mishuku

Written by

狩猟(第一種)にクレー射撃、登山にサバゲー、そして料理・酒好き。幕末の土佐藩主 山内容堂公みたく「鯨海酔侯」とか言って、酒と趣味に溺れながら生きたい。個人ブログは mishuku.net

OK, Hunt’s-up!

散弾銃とハンティングエアーライフル持って野山を駆け巡る

Jin Mishuku

Written by

狩猟(第一種)にクレー射撃、登山にサバゲー、そして料理・酒好き。幕末の土佐藩主 山内容堂公みたく「鯨海酔侯」とか言って、酒と趣味に溺れながら生きたい。個人ブログは mishuku.net

OK, Hunt’s-up!

散弾銃とハンティングエアーライフル持って野山を駆け巡る

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store