スポーツインストラクター、パーソナルトレーナーの契約

先ほど、東京(千代田区)に拠点を有する企業グループ/業界団体運営会社様より、スポーツインストラクター・パーソナルトレーナーの業務委託に関する契約書の受注を頂きました。誠にありがとうございます。

【PickUp スポーツインストラクター,パーソナルトレーナーの契約類型】

【雇用契約】 
勤務先に雇用される形態です。 この場合、スポーツインストラクター/パーソナルトレーナーは、勤務先企業等の社員(従業員)としての規律を受けることになります。 勤務先の例としては、スポーツジム、フィットネスジム、スポーツクラブなどがあります。

【業務委託契約】
個人事業主(フリーランス)として契約する形態です。 この場合の契約は、いわゆる業務委託契約となります。(民法では準委任契約に区分されます。) 契約の相手方としては、スポーツジム等に加えて、スポーツ選手個人や一般の個人と契約を締結するケースが多くなります。

【派遣会社が絡む契約】 
スポーツインストラクター/パーソナルトレーナーは、派遣会社と雇用契約を締結します。 いっぽう、この派遣会社は、スポーツジムやスポーツ選手個人等と、業務委託契約または労働者派遣契約を締結します。

スクール事業、教育/講座/セミナービジネスの契約書スポーツ選手の契約書もご覧下さい。

+++++++++++++
※契約関係のご相談はこちらから。契約書ひながたも販売しています。
契約書作成eコース http://keiyaku.info/

【ビジネス契約法務、会社設立、業務提携プロデュース】
【メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援オフィス】

★M.B.A.行政書士 岡田旭事務所 / ‪#‎オカダオフィス‬ ‪#‎Cross213‬
兵庫県行政書士会神戸支部理事
http://web-box.jp/okadaoffice/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.