Ubuntu が Unity をやめて Gnome になった

Ubuntu 17.10 が正式リリースされました。今回のリリースでは、デスクトップ環境が独自の Unity から Gnome に変わり、ディスプレイサーバーもデフォルトが X から Wayland に変わるという大きな変更が行われています。当然来年春の LTS 版もこうなります。

デスクトップ環境とディスプレイサーバーが変わるという大きな変更があったにもかかわらず、見た目はあまり変わりません。素の Gnome からかなりカスタマイズして Unity のような外観になっているからです。しかし細かいところを見てみると Unity ではなく Gnome の挙動ですし、設定なども Gnome そのものです。

Ubuntu には Ubuntu GNOME というフレーバーがあったのですが、今回 Ubuntu 本家が Gnome を採用したことで統合されています。 Ubuntu GNOME のサイトは何も変更がなく、 17.04 リリースのときのまま放置されているようです。

ただし Ubuntu 17.10 では大幅にカスタマイズされた Gnome を使うので今まで Ubuntu GNOME を使っていた人からするとかえって違和感があります。そのような場合は gnome-session パッケージをインストールすると標準状態の Gnome を使うことができます。また、今後なくなっていくとはいえ Unity を使い続けるという選択肢も残されているようです。

個人的には Gnome はカスタマイズして使いやすくしていたのですが、現在の Ubuntu 程度のカスタマイズはそこそこ使いやすく感じます。もちろんカスタマイズの方向性が気に入らなければ、独自に Gnome をカスタマイズして使ったほうがいいでしょう。


Originally published at officeokano.github.io.