Wireが「なかったこと」機能搭載

Wireが送信済みメッセージの消去機能を実装した。自分のメッセージを消去する際に “delete for everyone” を選べば相手の端末からもそのメッセージが消去される。自分が書いたメッセージでない場合は自分の端末から消去されるだけで相手の端末からは消去されない。

もちろんローカルにコピーしたデータまで消えるわけではないが、送信直後に間違って送ったことに気がついて相手の目に触れる前に慌てて消すという使い方はできそうだ。ただし内容は消去できても何か書いて消したという痕跡だけは残る。

本当は送信前にきちんと確認するのが一番だ。