デジカメゼロ生活になりました

注意:2015/12/22に投稿された記事です。mediumにインポートした際に日付がずれました。

IMG_7584

一時期はここまで増えていた我がカメラたち。2014年9月の頃です。背景のDashboardが眩しいです。

Canon PowerShot S120を購入 -Beauty and Insanity

左下に写っているCanon S120を買ったのがブログによるとiPhone 5Sの頃。2人目が生まれて大きなカメラを両手で構えて風景や子供を撮ることが難しくなる反面、iPhoneのインスタント性に画質が追いつき始めたことからカメラの処分を進めていくことになります。

 description=

iPhone 6 plusと回線整理とSurfaceとカメラ整理 -Beauty and Insanity
iPhone6 plusでさらにビデオ含めた画質に何の不満もなくなり迷いなくカメラを売却していきます。
カメラ処分終了、シンプルに。 -Beauty and Insanity
3週間後にはSONY RX10とSIGMA DP1 Merrillを売却、 RX1とQX100, GoPro HERO3とs120が残ります。
さらにカメラ淘汰した話 -Beauty and Insanity

さらにここでS120以外が全て処分されるという歴史でした。カメラが増えたのも早かったが減ったのも早かったというまさに自分の性格通りの歴史です。

ダイジェストムービー作成機能というただ一つの理由でサバイバルしてきたS120でしたが、次男も1歳を迎え目が離せなくなってきた10月のハワイで転機を迎えます。

なんと滞在中にS120で撮影した写真は1枚のみ。残る300枚程度は4K動画撮影まで搭載されたiPhone 6s plusで撮っていました。Live Photosもすばらしいし。ここでS120不要論が持ち上がります。

いや、でも国内のちょっとした旅行の時にダイジェストムービー作ってあとから家族で見ると微笑ましいし、、と自分に言い聞かせながら今月のUSJ旅行まで結論は先延ばし。てゆうか、ぶっちゃけUSJ行く時S120持っていくの忘れたんですがw、ちょうどその直前にKDDIさんがやってくれたんですよね。

RealTimes for au
正直Real Networksとか忘れかけた名前聞いてもあまり期待してなかったんですが、ブログに書いた通り、これはすばらしかった。ほぼ全自動ですが、プラスムービーオートと違って、やりたければ一手間かけて写真や動画の取捨選択できるしなんといってもiPhone単独で全てが完結する。アルバム単位でイベントをまとめて眺めるのとはまた違うよさがダイジェストムービーにはあるんですよね。

S120自体もう2年になるし、とうことでこれも売却。10000円ちょいにはなったので投資の回収率としてはなかなかのものです。綺麗に使うって大事ですね。

ともあれ、15ヶ月ほどでiPhone以外のカメラゼロまできました。実にスッキリしました。中途半端はよくないですからね。

思えば、僕の場合、必ず毎年最新型に買い換えるiPhoneというカメラがあるのです。他にカメラが必要な訳がないんです。

必要なものは機械的に買う。不要なものは機械的に売る。投資の利益確定と損切りに通じるものがあって、機械的に、というのがポイントですね。

http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=toshixvuk-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00PK27K5Q