オレゴンでの人種差別事件


ちょっと真面目なお話。

私の住む町、オレゴン州、ベンド の公立学校で、子供たちの間で人種差別の事件があったようです。

ここ、Central Oregonは、今、急速な成長をしているエリアで、多様性も広がりつつはあるけれども、まだ、良い意味でスローなペース、スモールタウンのルールで動いている、大多数が白人の町という環境。

アジア人であり、日本語なまりの英語を話す自分が、少しスタンドアウトしてしまう感を感じたことが確かにあります。

気のせいなこともあると思いますが、気にならざるをえないくらい、マイノリティな私。人種が多様だったLAでは、自分が目立つなんて考えたこともなかったこと。


子供たちへの、多様性の教育、いじめ防止の教育などにも、サークル(まずは輪になって座る)ベースのファシリテーションが役に立つと思います。

11/8 の選挙の日以降、なんと言葉にして良いのか。アメリカというこの国、とても strange な時にいるような感じがします。

とにかく。

こういう時代こそ、個人レベル、組織レベル、もちろん家族レベルのコミュニケーションというトピックを見つめていくことが大切ではないでしょうか。

Let’s sit in a circle and talk.