IBMの食品は、誇大広告よりも信頼できるだろうか?

ブロックチェーン技術を採用している大企業のニュースが全面的に報道されているときは、なにかしらのトリックがあるかもしれないと考えるのを助けることはできません。

参照元:https : //mp.weixin.qq.com/s/pb0Qzz_po7ByDLCluXAxSw

OSA DCのCEO、Alex Isaievは、これらの大企業が実践していることに疑問を呈しています。

「その理由は簡単だ」続けて「プライベートブロックチェーンを使用している関連するアプリケーションを、パブリックブロックチェーンによってのみ実現できるオープンで透過的で分散的な機能を持つと謡っている。 これは{過大広告}といえる。」と同氏。

小売業界や急速に変化する消費者業界で10年以上にわたり携わってきたAlex Isaievは、この疑問を提起した起業家です。彼はOSA DC、分散型AIによる小売ブロックチェーンプログラムの創設者兼CEOです。

彼は非常に直接的な方法で指摘しています。「プライベートブロックチェーンのデータはオープンでも透過的でもないため、消費者が利益を得ることは難しいでしょう。顧客と小売業界全体が、この革新的なブロックチェーン技術の恩恵を受けると考えている理由は何ですか?この市場でブロックチェーン技術について最も大きな声を出している大企業は、彼らが語っていることとは全くほど遠いことを行っている。」

Alex IsaievはIBMが最近市場で宣伝したブロックチェーン・アプリケーション・プログラムについて直接言及しました。彼は「IBMが何をしているのかを勉強してから、これらのアプリケーションの意味を解析するのはなぜですか?

IBMは何をしてるのだろう?

Alex Isaiev氏が指摘していたのは、最近IBMが立ち上げた新しい食品サプライチェーンブロックチェーンツールIBM Food Trustです。

IBMは、このソフトウェアが分散型元帳技術(DLT)に基づいた食糧供給ルートを追跡することに最適だ、とのプレスリリースを発表した。それからすぐに、世界最大の小売業者であるウォルマートも、2019年9月からIBMが開発したブロックチェーンDLTを使用して、新鮮な緑色の野菜サプライヤーにリアルタイムで製品を追跡するよう求めるプレスリリースを発表しました。

サプライヤーへの手紙では、ウォールマートは2つのフェーズでエンドツーエンドの透明性を達成するために、すべてのパートナーがIBM Food Trustネットワークに参加することを要求した。ウォルマートは、このブロックチェーンプラットフォームにより、すべての食品の供給することを迅速に知ることができると述べています。

しかしながら、これでは、このようなアイテムを追跡することは、ほぼ「達成することができないミッション」です。

「これらの発表は、ブロックチェーンが小売業界に革命をもたらすだろうという誇大宣伝の波に過ぎません」とOSA DCのCEO、Alex Isaievは述べています。

「IBMのような企業は典型的なプライベートブロックチェーンを使用しており、そのデータは公開もしてないし透明性も持っていません。消費者はそれを享受するのが難しいと感じるでしょう。小売業がブロックチェーンのこの革新的な技術の恩恵を受けるには、より革新的なアプローチを選択する必要があります」と彼はさらに説明しました。

これはプライベートブロックチェーンで、つまり本来のブロックチェーンとは程遠い、

名前だけのものです。

IBMの公式ウェブサイトによると、「IBM Food Trust」は、「国際的大企業クラスのセキュリティ、信頼性、スケーラビリティを備えている」IBM Cloud上で動作するサービスとのことです。

この技術の基盤は、成熟したHyperledgerプロジェクト、Hyperledger Fabric — Linux ファンデーションが提供するオープンソースのブロックチェーンフレームワークに基づいており、IBMはこのプロジェクトの重要な貢献者です。

「IBM Food Trust」プログラムの参加者は、3つのSaaS(クラウドサービス)モジュールの中から、小額、中規模、およびグローバル企業向けの異なる価格設定を1か月に100ドルから選択することができます。サプライヤは無料でネットワークにデータを提供できます。

すべてのデータは非常に魅力的です。IBMによれば、この製品は多くの機能を実現することができます。

トレース — 「Trace」モジュールは、食品エコシステムのメンバーが、汚染、食品を介しての疾患および不要な廃棄物の拡散を軽減するために、安全に製品をより安全に安全に追跡することを可能にします。

サーティフィケーション — 「サーティフィケーション」モジュールは、オーガニック認定や公平な取引認定などのデジタル証明書の発行元を確認するのに役立ちます。同時に、エコシステム全体の参加者は食品認証をデジタル方式でロード、管理、共有することができ、証明書管理のスピードを30%向上させることができます。

データ入力とアクセス -「データ入力とアクセス」モジュールでは、メンバーがブロックチェーン上のデータをアップロードし、安全にアクセスし、管理することができます。

メディアの報道によると、ビジネスの規模によって、IBM Food Trustブロックチェーンの使用料金が月額110ドルから11,000ドルまで変動します。

IBMは、新しいプラットフォームが年間収益10億ドル以上の企業をサポートすることもできると主張しています。毎月の料金を支払えば、企業はサプライチェーン上の食品の供給元、場所、ステータスを把握することができます。

IBM Food Trustは、IBMの市販されているブロックチェーン独自のソフトウェアであるIBMブロックチェーン・プロジェクト(それは、あらかじめパッケージ化されたイーサリアムの企業版)に基づいて構築されています。

各ブロックチェーンに入力されるデータは信頼性の高いトレーサビリティを保証する必要があるので、農場、製造業者、輸送および小売店の4つの側面からもたらされます。

しかし、Alex Isaiev氏は次のように指摘しています。「IBM Food Trustとその基礎技術Hyperledger Fabricは典型的なプライベートブロックチェーンです。コンソーシアムの内部メンバーだけが所有しており、コンソーシアムのブロックチェーンのノード数が非常に限られているため、限られたノードだけで合意に達するのは簡単です」と彼は言いました。

コンソーシアムの内部メンバーが監督リンクとの合意に達すると、このチェーンは名目上のものになります。

言い換えれば、目標の実現は、各サプライチェーン環境の可視性を保証し、製品のコンプライアンスを検査するための中央集中化された組織である監督当局に依存しています。

監督当局がその仕事をうまくやっていない場合、または当事者との利益のコミュニティになった場合、このブロックチェーンの存在の意味は、それぞれのブロックにランダムにデータを入力することになるだけです。

小売業のブロックチェーン導入の主な意義は、各チェーンを可能な限り長くすることです。検証チェーンが長くなればなるほど、チェーン全体の共同詐欺の費用が高くなります。そうすれば詐欺をやる意味がなくなる」とアレックス・イザイエフ監督は語った。

Produce Marketing Association(PMA)のためのSupply Chain Efficienciesのエド・トレシー(Ed Treacy)副社長はサプライチェーン効率化についてこう語った。

ブロックチェーンは、透明性の向上、食品業界の取り組みの変革、汚染された食品の調査のスピードアップ、食料の生産元の検証、食糧の流れの条件と方法の洞察を提供して、貯蔵寿命を最大化し、腐敗によって破棄処分になる商品を少なくすることができるかもしれない。

プライベートブロックチェーンをパブリックブロックチェーンを分けると:検証者はブロックチェーンの命です。

Alex Isaievは、小売業界の問題を解決できるのはパブリックブロックチェーンだけであると考えています。

彼は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンとの比較には多くの疑念があり、コンソーシアムのブロックチェーンについては混乱している人もいるという。各ブロックチェーンのメリット、デメリット、価値、そして業界全体のニーズをどのように満たすことができるかを理解することが不可欠だと考えています。

ブロックチェーンの中心的な価値は検証者であり、インセンティブの仕組みは検証者に影響を与えます。したがって、これは分権化された経済を創る鍵です。プライベートブロックチェーン/コンソーシアムブロックチェーンの主な弱点は、検証者とインセンティブがないことです」とAlex Isaiev氏は述べています。

なぜ検証者が重要なのですか?転送は検証者に依存します。システムに存在する検証者が多いほど、システム全体がより安全になり、ハッキングされる可能性は低くなります。

パブリックブロックチェーンは、そのような検証プロセスやマイニングプロセスに最適なインセンティブであり、ランダム検証プロセスを通じて暗号化された通貨で報酬を受け取ることができます。

プライベートブロックチェーンは、1社内でのみ使用できるように設計されており、対話性を必要としないため、インセンティブが不足しています。検証者は少なくなり、集中化された組織はプロセス全体を監視します。

つまり、自己発展の仕組みにはならず、柔軟性に欠けます。検証者のインセンティブがなければ、システムは停滞し、長い間使用されることが予想されるシステムには利点はありません。これはプライベートブロックチェーンの最大の欠点です。

それだけでなく、パブリックブロックチェーンは、社内のチームに限らず、世界中のすべての開発者が使用できます。

ハイパーレッジャーなどのプライベートブロックチェーンは、実際にはブロックチェーンソリューションではありません。真に地方分権化されているのではなく、社内チームにあまりにも頼りすぎ、長期的には発展できません。

セキュリティの問題は、ハイパーレッジャーで解決しなければならない問題で、ブロックチェーンが止めるべき最も重要な問題です。

私が食べる卵に、ブロックチェーン技術を実際に直接使用することはできますか?

Alex Isaievは、プライベートブロックチェーンの限界に加えて、IBMとWal-Martのようなブロックチェーンのアプリケーションと実践のサプライチェーンにおけるデータ収集には多くの欠点があると考えています。

「私が食べた卵にブロックチェイン技術を実際に直接使用することはできますか?」Alex Isaievはこの質問を提起しました。

この質問に答えるために、Alex IsaievはWalmartのような大規模小売業者のための飼料および野菜栽培におけるデータ収集プロセスを最初に理解することを提案しています。

Walmartは、IoT(Internet of Things)を介して情報を収集し、プロセス全体を自動化および標準化しています。農場の源流では、この小売業者の情報収集計画は次のようなものです。

鶏を識別し、鶏舎に出入りする際に秤量して写真を撮るために、RFIDフットリングで鶏を一つずつ束ねます。明らかに、他の動物にとっては、自分の身元を決定するために耳のタグが付けられ、動物の動きと位置情報が襟で記録され収集されます。

また、情報収集システムを通じて、飼養または栽培プロセス全体の重要な情報を収集します。例えば、温湿度センサにより鶏舎や野菜温室の温湿度を取得し、照明やCO2濃度センサを介して野菜温室の光強度とCO2濃度情報を収集し、土壌水分を検出して記録するサトウキビのプロセスでは、鶏舎の記録ビデオ、野菜温室と寒い倉庫のライブビデオをカメラで見ることができます。

Alex Isaievは、その中の最大の問題は、収集された情報が単一であることだと述べています。鶏を例にとると、鶏が走って餌を食べるのを見ることができますが、各製品に追加されたバイオメトリック技術はデジタル化できなかったため、農場のいたるところで鶏をリアルタイムで監視する方法はありません。それが実際の世界の実体です。

明らかに、ステークホルダーと現在のIoTのアプローチは、小売業の苦境を真にかつ効果的に変えることはできません。Alex Isaievは、これがOSA DCを設立した理由であることを示しました。小売業界は、分散したパブリックブロックとより革新的なアプローチによって直面しているこれらの問題に取り組んでいます。彼は、消費者と断片化されたデータが新しいトランプカードであると信じていました。

言い換えれば、サプライチェーン全体からフラグメント化されたデータを収集し、機械学習を使用してこのデータを処理、分析、およびクリーンアップすることは、小売ビジネスプロセスとその参加者を均等化する方法に関するOSA DCの主な戦略です。

OSA DCは、既存の大規模データ市場を、今日分断されているグローバルな関係者を統一する分散型ソリューションに変えています。アイデアは、グローバルな小売業の鋭い心と何十億という消費者の力を統一して、賢明な消費者の時代を創造することです。

Alex Isaievは、OSA DCは、データプロバイダの関心と消費者の関心の両方をスマートコントラクトで保護し、製品評価と報酬を公的なブロックチェーン上のユニークな主要業績評価指標(KPI)として保管するように設計されていると述べ、そのセキュリティと不法な操作を防止するとのことです。

透明性を確保するために、OSA DCは明確でシンプルなソリューションを提供します。消費者はOSA DCの最も重要なデータプロバイダの1つになり、プラットフォーム上の他のデータプロバイダと同じアクセス権を持ちます。

その結果、消費者は意思決定者になり、データを使用して価格を下げ、小売業者がより良い製品品質、より良い納品、より良いサービスを提供するよう動機づけます。

OSA Japan 公式テレグラムグループは下記より:
https://t.me/OSADCJAPAN