それGoogle Analytics(アナリティクス)にお任せ!チラシや名刺のQRコードからのアクセス数を計測する方法

KAI
KAI
Jul 13, 2017 · 8 min read

こんにちは。KAIです。

何かしらビジネスをされている方で、チラシや名刺に自分・自社のWEBサイトへのQRコードを付けること、最近多くないですか?

それで、どれぐらいの人がQRコードを読み込んで実際にアクセスしてくれているか、把握されていますか?

おそらく、ほとんどの人がQRコードからアクセスされた回数を把握していないと思います。

特にチラシですが、せっかく頑張ってポスティングしたのに実際に見られているかも分からないでは、非常にもったいないです!

チラシや名刺のアクセス数が分かるとこんな良いことがあります。

  • 例えば、AとBという2パターンのチラシ・名刺があった場合、どちらの反応が良いのかが数値で示され一目瞭然になる。
  • 反応が良いチラシ・名刺が分かれば、さらにこれを改善していける。
  • 改善を繰り返し、精度を高めていくことで、マーケティング施策に迷いがなくなる。
  • そして、お金を無駄にすることがなくなる!

では、どのようにしてチラシや名刺のアクセス数を計測すると思いますか?

答えは、Google Analytics(アナリティクス)で計測する、です。

計測方法は唸るほど難しいものではありません。今回はその流れを詳しく解説していきますので、お楽しみに!

それでは、スタート!!

Googleアカウントを作成する

まずこれがないと始まりません。というか始められましぇん!以下のリンクからささっと作成してくださいね^^

Googleアカウントを作成する

Google Analytics(アナリティクス)の利用申請をする

まずはじめに、次のリンクをクリックしてください。

Google アナリティクスの利用申請をする

表示されたページで「無料登録」をクリックします。

ログイン済みですと、一気にアナリティクスの「お申込み」ボタンがあるページまで移動すると思います。

Googleのメールアドレスを入力します。

登録したGoogleアカウントパスワードを入力します。

「完了」をクリックします。

すると、Googleアナリティクスのお申込みボタンが現れますのでクリックして進みましょう。

↓のような画面になりますので、すべて入力していきます。

↓のウィンドウが出てきますので、①で日本に変更して一読し、「同意する」をクリックします。

すると、次の画面になります。次にトラッキングコードをウェブサイトに組み込む必要があるのですが、お使いのツール(ワードプレス、アメブロ、Jimdo、Wixなど)によってやり方が異なるため、ここでは詳しい解説は省略させて頂きます。当ウェブサイトはワードプレスで構築しているので、ワードプレスへのGoogleアナリティクスのトラッキングコードの組み込み方法については別途記事にしたいと思います。

以降では、ウェブサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが組み込まれたのを前提として進めています。

Googleアナリティクスでアクセス数を計測するためのURL(リンク)を作成する

何だか難しそうに感じますが、手順通りやればそんなことはありませんのでご安心を^^

まずこちらにアクセスします。

URL生成ツールに移動する

次に、表示されたページで「Google アナリティクスのデモとツールサイトのキャンペーン URL 生成ツール」の文字リンクをクリックします。

キャンペーンURLとは?
特定のパラメータをウェブサイトのURLの後ろに追加して、何からアクセスされたものか、何のイベントに関するアクセスなのかを識別するためのURLです。

すると、Campaign URL Builderというページが開きます。以下を参考に各情報を入力してみましょう。

  • Website URL:Googleアナリティクスで設定したウェブサイトのURLを入力。
  • Campaign Source:広告を載せている会社名、検索エンジン名や広告手段など(例えば、google、newsletter、postingなど)
  • Campaign Medium:具体的な媒体(例えば、cpc、banner、email、flyer、namecardなど)
  • Campaign Name:キャンペーン名(例えば、spring_sale、namecard_since20170713など)

Website URLは決まったものが入りますが、他は基本的に自分で理解できる文字列を英数字で入力します。

↑の画面で「Copy URL」をクリックして計測用URLをコピーしておきます。

生成した計測用URLをQRコードに変換する

Google URL Shortenerにアクセスします。これはURLを短くするGoogleのツールです。

Google URL Shortenerを開く

ページが開いたら、↓のようにコピーした計測用URLを貼りつけ、「SHORTEN URL」をクリックします。

すると、↓のようなウィンドウが出るので「DONE」をクリックします。

ここで、↓のように今作成した短縮URLが追加されていますので、番号の手順でQRコードを生成します。

すると、このように計測用URLのQRコードが生成されました。あとは、QRの上で右クリックをして画像を保存し、チラシや名刺などに挿入して利用してください。

QRコードが読み込まれてどれくらいの時間でGoogleアナリティクスに反映されるの?

確実にこれと言える数値はありませんが、これまでの実績ですとQRを読み込んで計測用URLにアクセスしてから数分~30分の間に反映されているように思います。

キャンペーンURLをアナリティクスで計測すためには、ウェブサイトに必ずトラッキングコードを組み込む必要があります。これができていないと、QRを読み込んでも計測することはできません。技術的な仕組みについてはこちらを参照ください。

Googleアナリティクスで計測用URLへのアクセス数を見る方法

↓のように、集客→参照元/メディアとクリックし、③では今回Campaign Source パラメータに指定した「posting」を入力して絞り込みをかけています。すると、postingに関するアクセスのみが表示されます。

まとめ

チラシや名刺にQRコードを載せている方はせっかくなので、今回紹介した方法でアクセス数を計測してみましょう。

これは使えるチラシで、こっちはいまいち反応ないのでボツとか、より反応のある広告チラシへと精度を高めていくことができるようになります。それによって、無駄なコストをかけずに済むようにもなります。

また、今回の方法は、キャンペーンURL(計測用URL)を作ってしまえば、メールにも、バナーにも使えます。極端に言うとクリックされるものであれば、そのクリック数が分かるようになります。クリック数、アクセス数を数値化したいと思っている方はぜひお試しください。


pasocafe

ITに限らず新しい発見、楽しい発見を記録します。

KAI

Written by

KAI

水戸市在住。何事も”IT x 時短 x QOL向上”がキーワード。パソコンの「分からない」を「できた!」に変えるお手伝いをしています。

pasocafe

pasocafe

ITに限らず新しい発見、楽しい発見を記録します。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade