Airリザーブ+Google apps script(GAS)で高機能予約管理システムを実現

【用途】会議室予約、個人経営サロン、接骨院、セミナー予約など多業種対応

【利用するサービス】Airリザーブ(リクルート運営の予約システム)、Google apps script(GAS:プログラミング言語の1つ)

【コスト】利用するサービスは無料 (※別途プログラミングが必要となります)

【特徴】Airリザーブにない機能をGASで補強した無料ながら高機能な予約管理システムになります。サンプルの動作は以下の通りです。特筆すべきは、Airリザーブにはない、予約履歴(個人情報含む)の保存とリマインダーメール配信機能です。詳しくはこちら(クリック)で解説しています。

予約カレンダーより予約→自動メール送信→予約履歴シートとリマインダーメール配信待ちリストに自動登録→リマインダーメール自動送信


サンプルシステムの紹介

(2017年5月7日 更新:Airリザーブの最新仕様に合わせてシステムを修正しました)

まずこちら↓の予約カレンダーより適当に予約を入れます。入力される情報は架空のものでお願いします。下の方で予約情報を公開しているためです。リクルートIDか任意のメールアドレスで予約するかを選択する画面がありますので、必ずメールアドレスでの予約を選んでください。

ただし、自動返信メールやリマインダーメール(予定の1日前に送信)を受信したい場合は無期限で利用できる捨てアドレスを準備ください。

【注意】入力する個人情報は公開されますので必ず架空のものをお願いします。実際の個人情報を入力されましても当方では一切責任を負えません。もし誤って登録してしまった場合は削除しますのでこちら(クリック)からご連絡ください。

管理者側では以下リンク先のようにgoogleスプレッドシートで情報を管理できます。

さらに、リマインダーメール配信待ちリスト↓も自動で生成され、現在の設定では予約日の1日前に送信されます。メール送信は6時間間隔で実行されます(0~1時、6~7時、12~13時、18~19時のいずれか)。メールが送信されると配信待ちリストから自動で削除されます。

捨てアドレス(期限付き)をご利用の方は、期限切れでメールが届かないこともありますのでご注意ください。