エディタ試行錯誤

先日、Ulyssesを復活させたものの、Windows環境で使えないことが気になり、さらに試行錯誤。

メインをVS Codeにするか?

MacではiA Writerを使うか?(これも過去に使っていた)

などなど色々と試してみましたが、しっくりこない・・・。


迷った挙げ句に着地したのは

メルマガとMediumの原稿書きはUlyssesにする というところ。

Windowsにこだわってみても、実質的に原稿書きをしているのはMacなので、「Windowsでも使える」ということには目をつぶることにしました。

ウェブサイト制作時のコード書きや修正ではVS Codeを使用。
これはMac・Windowsで同じ環境をキープします。


原稿書きでは過去の原稿を見返すことも多いので、ファイル管理機能があるエディタが必須なのです。この時点で iA Writerはボツでした。

InkdropとUlyssesが残ったのですが、もうこれは好みや体質での勝負でUlysses。(笑)
InkdropはWindowsでも使えるし、実に理想的なのですが、最初にプレビュー画面だったり、タイトルを別に付けなきゃいけなかったり(自分の使い方ではこれが微妙にストレス)するのが気になるし、全編英語ってのも微妙に不安で・・・。
せめて日本語化されてたらなぁ、と感じています。

そんなわけで、もの書きエディタとしてはUlyssesに落ち着きそうです。
MacとiPhone、iPad(せっかくSmartKeyboardもあるし)で、ガシガシと書いていきたいと思います。

Blog Twitter