タスクは細分化するとやりやすくなる

「タスクは細分化した方がやりやすい」ということは、よく言われています。

ウチは個人事業主なので決算は12月31日。

年明けから決算・確定申告に向けての準備が始まるわけですが、細々とやることが多い。帳簿は会計ソフトで日々入力しているので問題ないのですが、それ以外にも準備しなければならないことがあり、リスト化して処理をしました。

例えば「残高証明を用意する」というタスクでも、利用している金融機関が複数あるので、それぞれの金融機関で残高証明を発行してもらう必要があります。

こういった場合も、残高証明というタスクの下層にサブタスクとして金融機関名を入れておきます。

細分化することは「具体的にやること」をリスト化していくことになるので、見通しがよくなり、処理もしやすくなります。

タスクツールにはTodoistを使っているので、サブタスクを設定することもでき、よくつかっています。細かい点を突き詰めると不足している機能もあるのですが、視覚的にサブタスクとして階層表示ができるだけでも助かっています。

今後もタスクが発生した際は、できるだけ細分化してタスクツールに入れていくことを心がけて使っていきます。

BlogTwitter