Phrase Express for Macは使えなかった

Windows PC用にPhrase Expressを導入した流れで、Macやその他のデバイスに提供されているPhrase Expressを調べてみました。

Phrase Express for Mac

Windowsアプリと同じようなスタイルで、スニペットを設定したファイルは標準でiCloudドライブに保存され、iOSアプリとはこれを使って同期ができるようです。

ただし、このアプリ大きな問題が・・・。
スニペットを登録して変換しようとすると、アプリが強制終了します。

ということで、Phrase Express for Macは実際に使えていません。

Phrase Express for Macについては情報も少なく、何が原因なのかがわかりません。

Phrase Express for iOS

Text Expanderと同じような使い方ができます。
データはiCloudドライブでMac用のアプリと同期できます。

Phrase Express for Android

Google playでは見当たらず、ウェブサイトのリンクから入ると表示されるのですが、日本では使えないアプリということで、ダウンロードすることができません。
試すことができないので他のアプリとの同期についても不明です。


Phrase ExpressはWindows版以外はまだまだのようですね。

iCloudドライブを使えばMacとWindowsが同期できるのかも不明。保存された設定ファイルをみると、拡張子が違っているのも気になります。

そんなわけで、当面はWindows PCのみでPhrase Expressを使うことにします。

Macではこれまで通りAlfredのスニペット機能を使っていきます。

Phrase Expressが完璧に動作すれば統一できるかと期待したのですが・・・。そうなったらなったで有料化されたりとか?

なかなか難しいですね。

BlogTwitter