Todoist本気使いのためにDraftsを設定した

タスク管理とプロジェクト管理、エディトリアルカレンダーをすべてTodositにまとめて運用してみよう・・・ということを始めました。

こういう設定にしてみると、とりあえず発生したタスクや思いついたことはTodositに送るということになるので、いつも持ち歩くiPhoneではサクッとTodoistにメモることができるようにしたくなります。

そこで登場するのが、Drafts というアプリ。
その名の通り、下書きに徹したアプリで、様々なサービスにデータを送ることができます。

菊地が設定しているのは下記の通り。

メインはTodoistですが、その他に日記アプリのDayOne、お馴染みのEvernote、物書きエディタのUlyssesです。

その他、Share を使ってiPhoneの様々なアプリに送ることも可能です。


Draftsが便利なのは、書いたものをDraftsに溜めて置けるので、すぐ送らなくてもいいし、後から加筆したり、別のサービスに送ることができるという点。

まさに下書きアプリ最強です。

MarkDown記法も装備しているので、iPhone用のMarkDownエディタとして使うこともできます。Drafts経由UlyssesでMarkDownを扱うという流れもいいですね。

そんなわけで、Draftsの出番が増えてきているここ数日。
なかなか快適です。

BlogTwitter