一年の計は元旦にあり 2018

一年の計は元旦にあり。

ということで、今年は以下のことを取り組みます。

1:昨年からの問題を確実に解決する

・・・これは、様々な事柄が複雑に絡み合っているのですが、答えは単純にひとつだけなので、商売を繁盛させて収益を獲ればすぐに終わります。

2:収益モデルを確実に生み出す

・・・こちらは上記1の問題を解決した後のサステイナブルにするための方法です。ただし、単一モデルにこだわらず、複数のモデルを組み合わせます。

3:捨てるものは捨てる

・・・上記2に付随して、いつまでも出来もしないことにこだわらない、出来る人と組む、自分で上手く行かないなら他の人の力を借りるという事にシフトします。

4:若い人の力をエンパワーメントする

・・・昨年も途中まではやっていたのですが、様々な理由で止めてしまったことで、申し訳ないことをしてしまいました。自分を意味なく目立たせることは止める、人をサポートすることに徹します。

5:人に感謝し、他責にしない

・・・自分は悪くないと思ってしまうことを悔いて改めるということです。事実はそうであっても、選択したのは自分であるのだから、受け入れて次にシフトする。これしかありません。

6:英語を頑張る

・・・この数年外国人と仕事場を同じくし、生活をともにしてきたことで英語に対する苦手意識はだいぶ改善されました。ただ、これでは話ができないので、きちんと学ぶ事をやります。具体的な目標は冷静に設定するのでまた今度。

7:何事も完結させる

・・・中途半端になっているものがいくつかあるので、確実に終わらせる。

8:行動に起こす

・・・行動していないから何も起こらないので、行動を起こす。

Like what you read? Give Xrosriver a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.