2017/02/16 #今日のかわいこたんズ

【2016–17 RS】vs NYK

今日はホームでニックス戦。前回対戦はこちら↓

ゲームの前に、姫さまのオールスタージャージー贈呈式みたいなのやってました。

めっちゃ几帳面に畳んでてワロタ、さすが整頓フリーク。おとといのウィザーズ戦でジョン・ウォールがオールスタージャージー貰ってたんだけど、ウォールはクシャッてやってたの見てたから余計ウケた。

ウィザーズ戦といえば、ウィザーズ戦から持ち越された《誰のシュートも入りません》が1Qに炸裂し、一方のニックスはオンファイヤーすぎて誰もシュート落とさないので、あれよあれよという間に17点差をつけられるサンダー、やばかった(語彙力不足)

…これウィザーズ戦の時も思ったんだけど、最初のポゼッションではアダムスのポストプレーって(順番守り魔こと姫さまの中で)決まってて、そこで決めないと次に行けないみたいなのがあんのかね?執拗にボール入れてはブロック食らったりボールロストしたりしてたんだけども。

アダムス、やっぱりそこまでまだ上手くない。リムから少し離れたペイント内ぐらいまではレンジを広げようとしてるんだと思うけど、“フロウタア”と称し、けっこう適当にボールをリムの方に放ってたりする、マジ適当。だから入るときは入るけど、入らないときは惜しくもないぐらい外れる。こういうのはしかし、ゲームの中で何回も経験しないと上手くならないんだろうと思うので、少なくともゲームの序盤にそういう機会を設けているのかもしれないが、何も考えてないのかもしれない。その辺は分からない。それでもできることは増えてきているし、カンターみたいに個人の絶対的なオフェンス能力がなくても、なんとかなるレシピを増やそうとしているのは見てとれる。

ファウルでシュートまでは行けなかったけど、2Q4:27ごろにあったこれ、だんだん息があってきたな、とおもいました。サボニスが賢いひよこちゃんなので、姫からボールもらった後のアダムスへのパスが早くて正確だったのが本当に良かった。いくつかシンプルだけど《確実に高確率のシュートが打てる》みたいなプレーのレペルトワ〜ルが増えてきたね。ルーズリーフみたいに《OKCのプレイブック》に一枚一枚ページを足していくんだなあ。

カンターが抜けた後のベンチがやばすぎたけど、最近上手く回るようになってきた感じ。今日はベンチがディフェンス頑張ってくれたおかげでリズムが掴めたものね!

最近クロージングでよく使ってる姫さま、ディポ、ロバちゃん、ジェラミ、アダムスのラインナップもとても好き。みんな一生懸命ディフェンスするし、オフェンスでは(ロバちゃんとジェラミは特に)技がないのにめっちゃ動いて、リバウンド取りまくって頑張るし、粘り強くて健気で、もうとにかく観てて心を打たれる…歳だからね…若い子たちが一生懸命やるって素晴らしい。あとそういうときの4Qのウェストブルックの、頼りになりっぷりが異常…すごい…なんなんだろう。ウェストブルック、この歳になってすら目に見えて成長してるのってすごいんじゃないかと思うんだけど。今日も元気に38点/14リバウンド/12アシスト

ス、スッゲーーーーッ!トリプルダブル?!

あまりトリプルダブルに誰も驚かなくなってきたので、今後は大げさにびっくりしていきたい。


オールスターブレイク前の最後の一戦、勝てて良かった。サンダーは、4Qまで競ることができれば、そこから勝ち切ることができるようになってきたと思う。どうしても『シュートが誰も全然入らねー』みたいな試合はまだあって、突き放されちゃうと、やっぱり追いつくには火力が足りなくて負けるんだけど。でもシーズン最初は、オールスターブレイクまでにこんなに成長するなんて思わなかったじゃん?ほんとに今のチーム大好きすぎる。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.