あじさい咲く北小金の本土寺へ

※昨年6月に書いた記事です

千葉県松戸市の北小金。

都心からもアクセスがしやすいこの場所に、紫陽花のスポットがあります。

日蓮宗の本山 本土寺(ほんどじ)。

別名あじさい寺。

毎年この時期は10000株のあじさいが咲き、多くの参拝者を楽しませています。

JR北小金駅から徒歩15分ほどで本土寺に到着します。

寺までの道も風情があり楽しめます。

休日のためか、年配の方がほとんどでした。

人数も少なくとても快適にまわれました。

人が写り込まないのはいいですね。平日最高です。

境内のほとんどの場所であじさいが咲いています。

こんなに沢山のあじさいは見たことがありません。

境内はかなり広く、滝や菖蒲園もありました。

また、木々の緑も綺麗で、紅葉シーズンは赤色で染まりそうです。

東京都心からすぐの場所に、こんなスポットがあるとは驚きです。

あじさいといえば鎌倉の寺院ですが、おそらく平日でもそれなりの人がいると思われます。

純粋にあじさいが楽しみたいのであれば、この本土寺はおすすめです。

平日であればのんびり、ゆったりと見れます。

本土寺の情報

開門時間:8時00分~16時30分

休み:年中無休

参拝料:中学生以上500円、小学生以下無料

住所:千葉県松戸市平賀63

載せきれなかった写真はFlickrにアップしています。

撮影機材:SIGMA DP1Merrill

Originally published at naisanpo.naitwo.me on June 17, 2015.