知らない町の「陸橋」を旅する

陸橋(りくきょう、りっきょう)・・・

深い谷や道路・鉄道の線路などを渡るために陸上に架けられる橋

太宰治も好んで通った陸橋が三鷹にあります。

その名も三鷹電車庫跨線橋。中央線の線路を跨いで架かかっている。

前にキンシオで紹介されていたのと、Instagramでこの陸橋の写真を見たので、行きたくなった。

で、日曜に行ってきました。

下から見上げるとこんな感じ。

周りをフェンスで囲ってある。安全。

気持ちの良い晴れだったので、光がとても綺麗でした。

小さい子を連れたお父さんがいて微笑ましかった。楽しそうに電車と景色を見ていて。

ヤバイ、子供が欲しくなった(笑)

しばらく居ると、日が沈んできました。

あっ!!というまに日が沈む。

遠くに見えるのは富士山です。

普通の街もどこか神秘的。

夕陽の中のシルエットも良い。

風が強くて手が凍るかと思いましたが、待ったかいがありました。

初めて訪れましたが、なぜか懐かしい感じがしました。

こういう風景は、人の心に刻んであるのかもしれませんね。

「三鷹電車庫跨線橋」ここはお勧めです。



Originally published at naisanpo.naitwo.me on January 17, 1970.