PIAZZA LIFE

-第5話- 幻のラーメンを追いかけて・・・

「PIAZZA LIFE」 とは、PIAZZAで交わされた「ありがとう!」にまつわるエピソードをご紹介する特集記事です。


「今、自宅の窓から〇〇を発見しました!」

「 まだいますか?いま図書館前当たりを捜索してるのですが 」

「 10時半ごろに区民館前にいたという目撃証言は得ましたが結局見つかりませんでした。今日は諦めて帰ります 」

捜索?目撃証言?なんだか物騒ですが、この地域で一体なにが起こってるのでしょう!?

安心してください。事の発端は、PIAZZAユーザーOさんの、なんとも微笑ましいこちらの投稿なんです。

「 二週間前の夜に、近所のパン屋さんの前にチャルメラ屋さんが来てまして。気づいた子どもにせがまれ、意を決して、家のラーメン鉢持って走って買いに行ったんです。塩、醤油、味噌のうち、屋台のおじさんおすすめの醤油味をいただきました。おじさんは火曜日にまた来るよと言ってたのですが、先週の火曜日もそして今もチャルメラの音が聞こえず。あれから子どもは3つの味を制覇したいと楽しみにしてるのですが…。みなさんのおうちのお近くでチャルメラが聞こえたら教えてくださいませんか?」

「 チャルメラ 」 — インスタントラーメンではありません。屋台のラーメン屋さんが吹く、小さなラッパみたいなもの。所在を知らせるその音は、まさにご近所さんしか知り得ない情報です。

そしてOさんのこの投稿から、ご近所さんの、ご近所さんによる、ご近所さんのための大捜索が始まるのです!

トラック発見!早くご近所さんにお知らせしなければ・・・

「 屋台ラーメン発見!!この時間ならお子様のお夕飯に間に合いますよ」

「 チャルメラ、聞こえてます!だが遠い!いづこへーーー!」

「 今、〇〇前です! 」

「 サラリーマン二人組が注文したところですからまだしばらくいると思いますよ 」

「 ありがとうございます!皆様のおかげです!って、私そこまでこのラーメン好きだったかしらん??」

刑事ドラマさながらのコメント、そしてそんな皆さんを翻弄するかのように移動していく屋台ラーメン屋さん。Oさんとお子さんは無事、塩味と味噌味を食べることができたのでしょうか — 。

「 子ども念願の塩と味噌を食べることが出来ました!待っている間、PIAZZAですよね?と親子連れさんとお話ししました。同じくお子さんにねだられて、だそうです。チャルメラ満足しました。皆様お世話になりました!」

地域のみなさんの見事な連携により、追跡捜査は完璧に遂行されたのです。そして、みなさんのやさしさとユーモアは、ラーメンの隠し味ともなり、街に広がっていきました — 。

やっと出合えた屋台ラーメン。特別な美味しさです!

心地よい夜風とともに聞こえてくるチャルメラの音。分かち合いたのは懐かしい「音」 だけではなく、ちょっとワクワクしたこの気持ち。

私たちの想いは、そんな時に一番に思い出してもらえる存在であり続けること。オンラインでのつながりが、リアルな暮らしを楽しく豊かに。そんなつながりをはぐくめる街の広場が 「 PIAZZA 」 です。