台湾最東端の港でみつけた海賊夫婦!

台湾最終日で天気も良かったので、バイクで台湾最東端の馬崗漁港にある、これまた台湾最東端(あたりまえか。。。)のカフェに行ってきました。たどり着くのが極めて困難な、田舎の漁港の路地裏にあり、古民家と言えそうなくらい古い石造りの平屋を改造して開店されている小さなカフェです。宣伝は全くされていないので、知る人ぞ知る場所。

このカフェを経営しているのは、最近まで職業軍人だったご主人と、その奥様のお二人。2年ほど前にこの古民家を買い取り、ここでカフェをやりながら、普段は趣味の釣り(歩いて2分で最高に美しい磯が。。。)や自転車を楽しんでいらっしゃるそうです。

まだまだお若い二人ですが、コーヒーが大好き、海が大好き、自転車大好きということで、この古民家でカフェをやることにしたとか。しかも、他にアルバイトもせず、このカフェの収入だけで生活されています。

さぞかし高いコーヒーかと思いきや、一杯たったの45元(約180円)で、それも本格的に淹れたコーヒーだけに、めちゃくちゃ美味しい。思わず「宣伝しましょうか?」と聞いたら「静かにしていたいので宣伝しないでくれ」と言われてしまいました。(今回Mediumに上げることは勿論了解頂いています)

だからってお客さんが沢山いて。。。というわけではなく、僕の予想では恐らく月間でも売上2万元(7万円)程度でしょう。今日も僕ら以外には多分数人しかいないと思います。敢えてお客を増やすことよりも、自然に得られる収入の範囲内で静かに暮らすことを選んでいらっしゃるご夫婦はとても素敵でした。生活は凄く質素だし、古民家に住むということは、台北など大都市のマンションに住むことを考えると不便だらけのはず。敢えてこの環境を選んで楽しんでいらっしゃるご夫婦の価値観がカフェにも流れ出ていて素晴らしい空間でした。

自分の価値観に寄り添って、心に響くことだけに集中して生活されているお二人は、まさに海賊ライフのお手本とも言える存在ですね。

とてもうれしい気持ちにさせてもらいました。

Like what you read? Give 江尻裕一 (Yuichi Ejiri) a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.