自由奔放な台湾のバイク友達

昨日は台湾のハーレー乗りが集まるチーム「雷公隊」のサマーパーティーに参加しました。このチームには100人を超える台湾人のハーレー乗りが集まっていて、老若男女さまざまな人達が集っています。僕は今年このチームの隊長をやっている関係で、大きなイベントのときには台湾に戻って必ず参加するのですが、毎回本当に楽しい。バイクという共通の趣味の元で集まっている、まあ予想通り自由奔放の人たちばっかりなので、飲んでる最中は笑い声と大声につつまれ、何の遠慮もなく皆がガンガン食べて飲むという混沌とした楽しい場所になります。

勿論、バイクに乗っているときは自由奔放に台湾中を爆音振りまいて走り回っていますし、初心者がいるときは全員でサポートして走ったりもします。チームの幹部は全員「奉仕」の精神を最初に確認しあっているので、偉そうにしている奴は1人もいません。隊員全員が楽しくなることだけに注力していますし、そういう幹部のことを皆が支えてくれる関係です。

台湾の人は日本と比べても個性を重視している人が多い中、特にそれを思い切り振り切っている雷公隊の仲間たちは、本当に「今を生きる」「自分の価値観を生きる」人たちなんだと思います。この振り切った個性を存分に発揮して、それをお互いがレスペクトして、困ったときは助け合い、生意気言ったらいじられる、こんな素敵な帰る場所が有ることにただただ感謝感謝。また元気をもらいました〜

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 江尻裕一 (Yuichi Ejiri)’s story.