Black Pearl

久しぶりにPirates of the Caribbean の1作目を見ました。2003年の作品なので、14年前の若いJack SparrowやWill, Elizabethが躍動していて、とても懐かしい感じもあり、改めて娯楽作品として完成されてるなーと感慨深く見直しました。この映画のすごいのは、何回見ても面白い事。そして、見るたびに発見があることですね。今回も久しぶりに見直してみて、登場人物に関する新たな発見が沢山ありました。この映画に登場するキャラクターは、本当に個性があって、自由で、思い思いの人生を生きている海賊が多くて本当に見ていて楽しい。海賊の掟(CODE)というのも本作品で紹介されてからずーっと出てくるんですが、ここで改めてメッセージとして言っていたのは、「CODEは結局単なる心得(Guide Line)」ってこと。海賊に掟があるのもオカシイってElizabethが言うところも言いえて妙で、実際に思った通り行動しちゃう海賊たちがとっても楽しい。

もう一つの発見は、Jack SparrowにとってBlack Pearl(船)は何かということ。彼が答えたのは「自由の象徴」。これは響きますね〜 自由な海賊たちが集まって、大きな海原を航海するどの船よりも速い海賊船、まさしく自由の象徴ですね。

自分がいる環境をどんどんBlack Pearlのように自由な箱に変えていきたい。そして、そこで楽しくやってる海賊が増えたらどれだけ楽しくなるのだろうか。。。考えただけでもワクワクします。

ディズニー映画にインスパイアされている自分もはたからみたら滑稽でしょうがないけど、それを楽しんで人目を気にせず好き勝手にやるのが海賊生活を実践する私、船長の約目ですね。

ラム酒を片手に(本当に飲んでます)、Drink up me ‘earties, YoHo !!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 江尻裕一 (Yuichi Ejiri)’s story.