「おとなのインターン by 仕事旅行社」がはじまっていたので。

omija / qeqeqe
Apr 3, 2017 · 2 min read

たとえ「欲しい」と思ったとしても、魔法使いでもいないかぎり、時間は買えない。それと同じように、経験(それに伴う、自身の思考経路)だって買うことできない。

大人になって、仕事をしはじめて、自分の専門性が高くなればなるほど、コミュニティも限定されてくるし、余計に「はじめての」経験を積むことにおっくうになりがちだ。

けど、ほんとは、その経験が、新たな創造・想像力をつくるはずなんだよな。

てことで、こういう企画が増えることってすてきだし、社会人の余暇時間の選択肢が増えるはいいことだと思う。

「おとなのインターン」とはインターンシップに参加したい社会人と、受け入れたい企業の出会いを、WEB上でサポートするマッチングサービスです。出世のハシゴを登るのではなく、ジャングルジムで横シフトするようにキャリアを楽しむ。そんな時代がすでに始まってます。

「ジャングルジムで横シフトするようにキャリアを楽しむ」というのは、仕事のあり方、考え方の幅をグッと広げてくれると思うし、ここらへんが、「小商い」「副業」「複業」の捉え方をもうちょい掘り下げていくための表現じゃないかな、とネーミングに唸っちゃった。

まあ、どっちにしろ、「そこのインターンに参加すればどうにかなる」という、半ば受け身な人とかだと、企画自体が合わないこともあるかもな。そこらへんの判断、インターン受け入れる側の採用基準・人事担当にかかっているのは少なからずあるんじゃないか。

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。

    omija / qeqeqe

    Written by

    mobile bartender / owner of Nawa @ Tottori / ex-writer

    alternative

    大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。